AKG K240MKII

〜DTM用スタジオモニター・ヘッドホン・セレクト〜

AKG K240MKIIの特徴

海外スタジオでの定番モニターヘッドホンの後継モデル

AKG『K240MKII』

日本の自宅スタジオでも定番になっていますが、アメリカやヨーロッパを中心に海外のスタジオ定番のAKGのスタジオモニター・ヘッドホン『K240 Studio』の後継モデル『K240MKII』は、総合的に非常にバランスの良いヘッドホンです。

セミオープンタイプの『K240MKII』は音の定位もしっかりしていて、低音は自然、中高域も細やかなで、全体的にフラットなタイトな音質です。

タイトな音質なので空間系エフェクターの掛け過ぎに注意すれば、ミックスでも使用することができます。作業時に『K240MKII』とモニタースピーカーを併用すれば間違いないと思います。

価格帯から考えると『K240MKII』は耳も疲れにくいので、リスニング用途にも使える優れているモニター・ヘッドホンで、わたしも好きなヘッドホンです。

ただし、メーカーは新モデルに移行したいのが分かるので、言いにくいのですが、個人的には旧モデルの『K240 Studio』のほうがバランス的に信用できます。


AKG『K702』と『K271MKII』

価格帯が違うので『K240MKII』と一概に比較したりオススメすることはできませんが、気になる人も多いと思いますので『K702』と『K271MKII』についても書いておきます。

まずオープンエアーダイナミック型ヘッドホンAKG『K702』ですが、AKG Kシリーズのフラッグシップモデル『K701』の後継モデルです。価格が高額ですが、音のバランスが非常に良く、ダイナミックレンジも広い、かなり優れたモニターヘッドホンです。

ローエンドが弱い感じもしますが、鳴りは非常に正確なので、ミックダウン作業では戦力になると思います。

一方、AKG『K271MKII』に関しては、高域はバランスは良いのですが、低域が弱く正確ではない感じです。『K702』もローエンドは弱いですが『K271MKII』に比べるとかなり正確に鳴ってくれます。

ミックスは低域の処理が難しいので『K271MKII』を、はじめてのヘッドホンにセレクトして、それが基準になってしまうと、ミックス作業以降で、かなりの苦戦が予想されるのではないかと思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




はじめてのDTM用モニターヘッドホン | DAWスタイル・セレクト TOP

AKG K240MKII ナビ | おすすめDTMモニターヘッドホンの比較(公開日:2016年05月25日)
▲ページトップ