ボーカルのピッチ補正エフェクター

〜失敗しないプラグイン・エフェクト選び〜〜

ANTARESの『Auto-Tune』とCelemonyの『Melodyne』がこのボーカルのピッチ補正の定番ツールです。

このページで紹介しているピッチ補正ソフトは生産を完了している製品も多いので参考程度にして下さい。

その他のピッチ補正エフェクター

Mu Voice

Mu Technologies『Mu Voice』

Mu Technologiesの『Mu Voice』は手軽に使うことのできる代表的な設定があらかじめプリセットされているボーカル用のプラグイン・ソフトです。

スペクトル解析と合成技術を応用した『Mu Voice』はピッチ修正やボーカルのエフェクト処理だけでなく、シンプルな操作でキーやコード情報にフィットしたナチュラルな4ボイスのハーモニーを作ることができます。


 

Intonator HS(生産完了)

Intonator HS

TC Powercore専用のTC Heliconの『Intonator HS』はリアルタイムにボーカル・トラックのピッチ補正を行うことが可能なイントネーション補正ツールで、音程差の大きなピッチ補正でも、トーンを損なわない自然なピッチ・シフティングが可能です。

ボーカルの線を細くすることなくノイズを除去することもできる『Intonator HS』を使用すればレコーディングと編集の時間と負担を大幅に軽減することができます。


 

Pitch'n Time LE

Pitch'n Time LE

ProToolsでは定番のタイムストレッチ/ピッチシフトソフトのSERATOの『Pitch'n Time LE』は、ピッチやテンポを変えずに高音質でのピッチシフト、タイムストレッチが可能な製品です。

シンプルで使いやすい『Pitch'n Time LE』は音質の劣化もなく『ProTools』だけでなく『LogicPro』でも使用することができます。


 

PITCH FIX(生産完了)

PITCH FIX

すでに生産を完了しましたがYAMAHAの『PITCH FIX』はボーカルのピッチを緻密に補正するプラグイン・エフェクトで、メインボーカルを元にコーラスパートを作成したすることも可能です。

フォルマントを保持したままピッチを補正できるため、補正時の音質劣化が極めて少ないナチュラルな処理ができます。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




プラグイン・エフェクト比較ナビ TOP

その他のボーカルのピッチ補正エフェクターの比較(更新日:2016年07月27日)
▲ページトップ