ボーカル・トラック生成エフェクター

〜失敗しないプラグイン・エフェクト選び〜

DAWソフトに録音されたボーカル・トラックを基にハーモニー生成してくれる「ハーモナイザー」や、フォルマントの編集ができ、女性ボーカルを男性ボーカールに変えたり、男性ボーカルを女性ボーカルに変えることのできるプラグイン・エフェクトはコーラスのアレンジなどに大変便利です。

例えば曲の核であるサビの部分で、ポップスなどポピュラーミュージックの世界では定番の3度上のハーモニーを付けたいときがあったとします。このような時にボーカリストがメインパートのメロディーに対して、音域の問題で3度上のキーが出ないということも頻繁にあります。

アナログ時代や、ハーモナイザーのクオリティーが今ひとつだった時代だと、そのキーの出る方に歌ってもらうなどの対策しか取ることができませんでしたが、現在ではそんな場合でも、ボーカル・トラックを生成することのできる「ハーモナイザー」などのエフェクターを使うことにより、3度上のハーモニーを簡単に付けることができます。

ハーモナイザー

ANTARES『Harmony Engine』

Harmony Engine

ANTARESの『Harmony Engine』は簡単操作でソロボーカルのパートから、バックグラウンドボーカルのパートを作成したり、いろいろなパターンのコーラスアレンジを試すことができるハーモナイザーです。独立した4声のハーモニーボイスをMIDIでリアルタイムにコントロールすることもできます。

2009年に登場した『Harmony Engine Evo』より、別売りだった「AVOX CHOIRプラグイン」の機能をプラグインに組み込みました。


 


 

ANTARES『Harmony EFX』

Harmony EFX

2009年に登場したハーモニーを簡単手軽に作り出すことができるANTARESの『Harmony EFX』は『Harmony Engine Evo』のライト版の低価格なハーモナイザーです。

ライト版とは言え、この『Harmony EFX』は上位製品の『Harmony Engine Evo』と同じ最新技術の「Evo Voice Processing Technology」を搭載していて、1つのボーカルトラックから最大で4声のハーモニーを素早く簡単に作り出すことができます。


 


 

Mu Technologies『Mu Voice』

Mu Voice

Mu Technologies(ミューテクノロジーズ)の『Mu Voice』は手軽に使うことのできるボーカル用のプラグイン・ソフトです。

スペクトル解析と合成技術を応用した『Mu Voice』はピッチ修正やボーカルのエフェクト処理だけでなく、シンプルな操作でナチュラルなハーモニーを作ることができます。


 


 

ZPLANE『VIELKLANG』

VIELKLANG

ZPLANE(ジープレーン)のハーモニー作成プラグインソフト『VIELKLANG』はワンクリックで和音になっていない単声のオーディオファイルから、ハーモニーを自動推定して自然なバックコーラスとブラスアレンジを作成しますキー/スケールをワンクリックでmajorからminorへ変更することもできます。


 

TC Powercore専用

TC Helicon『VoiceModeler』

VoiceModeler

TC Heliconの『VoiceModeler』は細い声をガラガラ声にしたり、極端な例では男性から女性へ声を変化させたりと、一般なEQやピッチの処理だけではありえない次元で声質を根本的に変化させることができます。


 


 

TC Helicon『Harmony 4』

TC Heliconの『Harmony 4』はシンプルな操作で、1つのボーカル・トラックから最大4声までの魅力的なハーモニーを自動生成することができる「ハーモナイザー」です。このプラグイン・エフェクトは細かなパラメーター設定を、それぞれのハーモニー毎に行うこともできます。


 


 

ミックスダウンとマスタリング

プラグイン・エフェクト比較ナビTOP