失敗しないエフェクター選び

〜プラグイン・エフェクト比較ナビ〜

DSPプラグイン・エフェクター

定番のDSPプラグイン・エフェクト

エフェクト処理をハードウェアのDSPアウトボードで行う「DSPプラグイン・エフェクト」は、DAWシステム用に開発されています。パソコンとDSPアウトボードの接続形態はPCIボード、FireWire、LANケーブルで、ホスト・コンピューターのCPUに負荷をかけることなくミックスやマスタリングで…


区切りライン

DSPエフェクト搭載オーディオ・インターフェース

オーディオ・インターフェイスとしての機能として、優れているだけでなく、パソコンに負荷をかけないDSPエフェクトもDAWソフトで使うこともできる DSPエフェクトを内蔵したオーディオ・インターフェイスは昔の宅録スタジオでは考えることのできない「まるで夢のような」機材です。現在でも…


マスタリング用のプラグイン・エフェクター

オススメ定番のマスタリング・プラグイン

個人的にもよく使用しているものも含めて、オススメすることのできる定番のマスタリング用のプラグイン・エフェクトを「ナチュラル系サウンド」と「アナログ系サウンド」に分けて紹介しています。マキシマイザーを使用すれば『ミックスダウン&マスタリングのコツとテクニック』でも書いている通り、宅録スタジオでも市販レベルまでオーディオレベルを上げることができます…


 

WAVESのマキシマイザー

マスタリング・エンジニアやミキシング・エンジニアでなくても、Wavesのマキシマイザー『L2』と『L3』を使えば、市販レベルまで音圧を稼ぐごとができます。言うまでもなく「音圧=作品クオリティー」ではなく、サウンドの質感に関しては、また別の話ですが、DTM・DAWソフトに付属している…


パート別プラグイン・エフェクター

ボーカル用のプラグイン・エフェクター

iZotope Nectar

オススメ定番を中心にボーカルのサードパーティー製のプラグイン・エフェクターを「ピッチ補正」「ボーカル・トラック編集」「ボーカル・トラック生成」に分けて紹介しています。

基本的に紹介しているピッチ補正プラグインは『Melodyne』『Auto-Tune』、ボーカル・トラック編集プラグインは『Wavesのボーカル用プラグイン』『iZotope Nectar』のようなオススメ定番を中心にボーカル用のプラグイン・エフェクターを紹介しています。


 

ギター用のアンプシミュレータ

エレキ・ギター・サウンドをリアルに再現することのできるIK MULTIMEDIA『AmpliTube』。LINE6『POD Farm』。Native Instruments『Guitar Rig』。WAVES『GTR』。ZOOM『ZFX Plug-In』など、DAWソフト上でプラグインとして使用することのできる定番とおすすめのエレキ・ギター用のプラグイン・アンプシミュレータを紹介。



BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




DTMソフト関連ガイド

プラグイン・エフェクト比較ナビ | 宅録スタジオ・エフェクター(更新日:2016年06月05日)
▲ページトップ