DAWソフトと作品クオリティー

〜DTM・DAWソフトナビ3〜

宅録スタジオでの作業の中心となるDAWソフトの価格は下は5,000円くらいから、上は10万円を超えるソフトが販売されています。

作品クオリティー

上位版とライト版

多くの人に支持されている『Cubase』のような主要のDAWソフトには、フルスペックの上位版と、機能を絞ったライト版やハード製品に付属すバンドル版をはじめとする、いくつかの種類のソフトが発売されています。もちろん上位版とライト版では値段も数万円違います。

作品クオリティーに関わるもの

打ち込み、ミックス、マスタリングなどの音楽制作に必要な技術的なことを除くと、作品のクオリティーに大きく関わってくるのはプラグイン・エフェクトやソフトシンセなどの音源です。もちろんモニター環境も重要です。

極端な話ですが、実際にわたしも試してみましたが、Macを購入すると付属してくる「GarageBand」でも、高品質な音源と、WAVESの高品位なプラグイン・エフェクトなどを使用すれば、市販されているレベルの作品を作ることができます。(ただしエントリーユーザー向けのソフトだと、作品制作に時間がかなり掛かります。)

 

低価格DAWソフトと高価格DAWソフトの違い

それでは、低価格のDAWソフトと、4万円以上のDAWソフトの何が違うかというと、作業効率と、付属するプラグイン・エフェクトやソフトシンセです。

Appleの「Logicシリーズ」の上位版「Logic Pro」とライト版「Logic Express」(現在は販売されていません。)のように、音楽制作の作業という点では、それほど大きな違いのないソフトもありますが、ほとんどのDAWソフトの場合、圧倒的に違うのは作業効率と、付属するプラグイン・エフェクトやソフトシンセなどの音源です。

 

次のページでは、低価格のDAWソフトと高価格のDAWソフトの作業効率と、DAWソフトに付属する製品などについて紹介したいと思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

2MIX向上の処方箋



DTM・DAWソフトナビ TOP

DAWソフトと作品クオリティー(更新日:2016年06月21日)

▲ページトップ