Band-in-a-Box

〜PG MUSICのDTM・DAWソフト〜

Mac版とWindows版

Windows版に力を入れている

Band-in-a-Boxには、Windows版とMacintosh版がありますが、メーカーはWindows版のほうに力を入れていて、バージョンアップをするたびに、DAWソフト化を進めてオーディオ部をはじめとする機能を充実させています。

一方、Mac版も2010年01月のバージョンアップで「リアルトラック」や「リアルドラム」は搭載されたものの、オーディオ録音ができないだけでなく、シーケンスソフト「RealBand」も搭載していません。

Mac版とWindows版に共通する機能

Band-in-a-BoxのWindows版とMacintosh版に共通する特徴は以下の項目です。尚、以下は2010年01月に登場した『Band-in-a-Box 17 Mac』の前のバージョンまでの比較です。

Macユーザーで導入を考えている方は、よく考えてから検討して下さい。

 
  • メロディートラックにメロディーを入力し、簡単に1曲完成させることができます。歌詞を入力しておき、演奏しながら表示してゆくこともできます。
  • 各コーラスごとの演奏のバリエーション変化、シンコペーションでのコードの移行、自然なテンションでのコード進行、複合/混合拍子への対応など、人間味溢れる演奏が可能です。
  • 各楽器ごとにミュート可能なので、楽器練習をする上で、各シチュエーション(例えばジャズならトリオ、デュオ、カルテットなど)を想定することができます。
  • メロディートラックや外部MIDI機器からの演奏をリアルタイムにハーモナイズすることができます。
  • 市販のMIDIデータからコード進行を自動検出できるので、いつもの曲を違う伴奏スタイルで演奏することができます。
  • スタンダードMIDIファイルの書き出し/読み込みに対応しているので、他のDTM・DAWソフトとの連携が可能です。
  • 曲のリピート回数や移調など、自由に変更することができ、表示されたコード等も自動的に変更されます。
  • MegaPAKアップグレードで、伴奏スタイルやソロパターン等を2,000種類以上に拡張することができます。

 



Band-in-a-Box TOPページ

▲ページトップ