Band-in-a-Box 19

〜PG MusicのDTM・DAWソフト〜

バージョン19の主な新機能

Band-in-a-Box 19 for Windows

Band-in-a-Box 19 for Windows

2011年08月に自動作曲・伴奏作成ソフトの最新版『Band-in-a-Box 19 for Windows』が発売されました。

今回のバージョンでは生成時間のスピードアップや質の改善が行われた「リアルトラック機能の拡張」やスタイルを素早く探し出すことが可能なスタイルフィルター機能を搭載した「スタイルピックウィンドウの機能拡張」をはじめ、さまざまな新機能がバージョン19で追加されています。

もちろんスタイルと音素材の数も増えていて、特にリアルトラックは各パッケージでかなり増量しています。

 

2012年08月に『Band-in-a-Box 20』が登場したため、バージョン19は旧バージョンになります。

バージョン19のパッケージ

バージョン19の『Band-in-a-Box』のパッケージは通常版の『BasicPAK』の他に、より多くのデモソングや音楽スタイルを収録した『MegaPAK』『EverythingPAK』があります。

『BasicPAK』と『MegaPAK』には、2011年08月に発売された『Band-in-a-Box 19 for Windows』の解説本である『万能おまかせ作曲ソフトBB19入門ガイド』が付いているセットパッケージもあります。


 

リアルトラック機能の拡張

生成速度の向上、オーディオデータの質の改善、オーディオファイル・サイズを約30%に縮小など、バージョン19の『Band-in-a-Box』ではリアルトラック機能が拡張しています。

前バージョンでは20秒かかったリアルトラック生成のスピードアップが実現して、今バージョンでは平均3倍の速さの5〜6秒でリアルトラックが完成します。

また、オーディオデータの伸縮やピッチの調整機能が向上したことにより、曲のテンポやキーを変えてもサウンドのリアル感が維持されますので、いろいろな点でストレスなく作業することが可能です。

上記した以外にも『Band-in-a-Box 19 for Windows』では、より現実味のあるフレーズへの改良、トライアドコードに対応、6thコードを無理なく演奏することができるリアルトラックの追加などの、さまざまなリアルトラック機能の拡張がされています。


 



Band-in-a-Boxの新機能 TOP

▲ページトップ