最近のDTM・DAWソフトの傾向

〜DTM・DAWソフトナビ1〜

DTM・DAWソフトはパソコンを使った宅録スタジオでの音楽制作の中核です。一部を除くDTM・DAWソフトのほとんどはMIDIとオーディオを同等に扱うことができ、作曲、編曲、打ち込み(プログラミング)、レコーディング、ミキシング、ミックスダウン、マスタリングまでを1本のソフトで行うことができるのがというのが大きな特徴です。

最近のDTM・DAWソフト

DTM・DAWソフトはほとんど完成している

最近はどのDAWソフトも、バージョンアップのときに大幅な機能の搭載を行わないことからも、作曲からミックス、マスタリングまで行うというワークステーションとしての機能という点では、ほとんど完成している言っても間違いないと思います。

もちろん、それぞれのプロセスで知識や技術を必要としますが、しっかりとしたDAWソフトで音楽制作をすれば、自宅の宅録スタジオでも市販の音楽や、市販されているのと同等の作品を作ることができます。

 

<2016年追記>
オンライン配信レベルだと、自宅で最終工程のマスタリングまで行われ販売されている作品もかなり多くなりました。

 

DAWソフトへ望むこと

個人的にDAWソフトへ機能面で望むことはありません。唯一あげるなら使用時のパソコンへの負担軽減だけです。

CPUをかなり占有するプラグインエフェクトを使用するときなどに、ホスト・コンピューターのCPUに負荷をかけずに作業することができる「ProTools HDシステム」のように、プロスペックのDAWソフトになれば良いと思っています。

 

<2016年追記>
現在は「DTM・DAW用パソコンの基準スペック」に記載しているPCならミックスダウンやマスタリングは、かなり快適に行うことができます。

 

ここ数年のDAWソフトの傾向

ここ数年のDAWソフトで、個人的に一番変わったと思うのは、SONY MEDIA SOFTWAREの『ACID』、ABLETONの『LIVE』、Appleの『GarageBand』などに代表される、トラック制作に便利な「ループシーケンスソフト」の機能を搭載したことです。

ほとんどのDAWソフトでは、Apple LoopsやAcidファイルをドラッグ&ドロップでソフトで読み込むことができるようになりました。

また、昔は『REASON』のような一つのソフト内にシーケンサー、ソフトシンセ、エフェクターを内蔵したソフトを、「トラック制作用ソフト」、もしくは「オールインワン・タイプソフト」と、個人的に分別していましたが、現在メジャーなDAWソフトは「ループシーケンス機能搭載」、「ソフトシンセをバンドル」をしていることもあり、分別するのが難しくなりました。

 

次のページでは、このループシーケンスソフトと、現在の音楽制作について紹介したいと思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




DTM・DAWソフトナビ TOP

DTM・DAWソフト最近の傾向(更新日:2016年06月20日)

▲ページトップ