DTM・DAW宅録スタジオ構築ナビ

〜失敗しない自宅音楽スタジオの作り方〜

DTM・DAWソフトをメインとしたPCベースの音楽制作は一般の方にもかなり浸透してきていて、プロ/アマ問わずに現在では最もスタンダードな音楽制作の手法となっています。

このサイト『DAWスタイル 〜宅録スタジオ構築ナビ〜』は、すでに自宅に音楽スタジオを作り、DTM・DAWソフトで宅録(自宅録音)をしている方で、更に作品をレベルアップしたいという方や、これからDTM・DAWソフトを中心とする自宅スタジオを構築して、音楽制作を始めようとしている方などを対象としているDTMに特化したサイトです。

2008年03月に公開を開始してから『DAWスタイル』は2018年03月で11年目に突入で、トータルページ数も350ページを越えました。ここまで長くDAWサイトを続けることができたのは、訪問してくれる皆様のおかげです。本当に感謝しています。

 

初心者のためのDAW宅録ガイド

自宅スタジオで音楽制作

DAW STYLE

パソコンを使った音楽制作に関する知識がない方で「DAWや宅録って何?」「DAWや宅録で何をすることができるの?」という方もいるかと思います。

そんな方は、まずは「初心者のための宅録スタジオ構築ガイド」と「はじめての宅録ツール」をはじめに見て下さい。

この2つのコンテンツでは「宅録でできること」「宅録で必要なツール」「DTM/DAWソフトを使う目的」など、これからパソコンで音楽制作をしようとしている方に向けて、ひと通りの知識を得ることができるように紹介しています。

2017年に実際に初心者にもオススメすることのできるツールを厳選した「はじめての宅録ツール - DAWスタイル・セレクト」を強化しています。

 

宅録が中級者以上の方にも最適

DAWスタイル・インフォメーション

このサイトではDTM・DAWソフトをはじめとして、宅録に必要な定番の音楽制作ツールなどを『Mipa Award』の情報を交えながら紹介しています。

ミキシング作業の必需品であるモニタースピーカーやモニターヘッドホンに関するページも充実してきました。

そのため、これから宅録スタジオを作ろうとしている初心者の方はもちろんのこと、宅録の中級者以上の方にも自宅スタジオで行う宅録での作業環境の改善や、音質の向上に役立ててもらえると思います。

 

MIDIキーボードを強化

NOVATIONのMIDIキーボード

現在、MIDIキーボードのページをコントロール・サーフェス(フィジカル・コントローラ)の機能を装備したMIDIキーボードに着目して強化と再構成しています。

現在、KORG/ROLAND/NOVATION/ARTURIAを紹介していますが、ある程度形になってきたので「おすすめMIDIキーボード/DAWコントローラの比較」の公開を開始しています。


 

自宅スタジオのレベルアップに役立つ情報

DAWスタイル 最新&更新記事ピックアップ

NEW PAGES

T-RackS シリーズの特徴 | マスタリング用エフェクターの比較(2018年02月14日)
マスタリング・ソフトとして1999年の発売を開始したIK Multimediaの『T-RackS』は、今ではモジュールも増えマスタリングだけでなく、ミックスでも大活躍する定番のソフトとなりました。プラグインとしてだけでなく、スタンドアローン版としても動作する『T-RackS』ですが…

 

T-RackS 5の特徴(2018年02月13日)
2017年10月25日にリリースされた「T-RackS 5」は新搭載の「Master Match」「Dyna-Mu」「EQual」「ONE」も大きな魅力ですが、、バージョン 5以降で使用することのできる超一流サウンドエンジニアの設計した「シグニチャー・プリセット」も大きな魅力です。ラインナップはスタンダード板「T-RackS 5(計9モジュール)」上位版「T-RackS 5 Deluxe(計22モジュール)」、最上位版「T-RackS 5 MAX(計38モジュール)」となります。

 

Music Maker | DTM・DAW比較ナビ(2018年01月12日)
2018年01月11日より最新版の「Music Maker 2018 Premium Edition」の発売が開始されました。バーチャルシンセを8種類選択できるほか、定番のマスタリングソフト「iZotope Ozone」のエントリー版の「iZotope Ozone Elements」が新搭載されています。

 

Reason 10の新機能(2017年11月15日)
Propellerheadから『Reason 10/Reason 10 Essentials』が2017年10月25日にリリースされました。2017年05月にバージョン 9.5が全世界同時リリースされましたが、VSTプラグインに対応のみのバージョンアップだったため「過去最大のアップデート」という宣伝文句の…

 

IK MultimediaのMIDIキーボード(2017年11月01日)
発表以来話題を集めていたオーディオインターフェース搭載MIDIキーボード「iRig Keys I/O」の記事を追加しました。次世代のオール・イン・ワン音楽制作ステーションの現行ラインナップは49鍵盤キーボード「iRig Keys I/O 49」と、25鍵盤「iRig Keys I/O 25」です。

 

iZotope Ozoneの特徴 | マスタリング・プラグインの比較(2017年10月28日)
2017年10月に登場した『iZotope Ozone 8』の実際に使用した記事を「Neutron 2」にも触れながら追加し大きくリニューアルしました。注目のマスターアシスタント機能や耳障りな音を簡単に制御することのできる「Spectral Shaper」が重宝しそうです。

 

ドラム専用のDTM音源 | おすすめソフトシンセ比較ナビ(2017年10月23日)
3大ドラム音源のひとつである『SUPERIOR DRUMMER』の最新バージョン『SUPERIOR DRUMMER 3』が2017年09月に登場しましたので記事を追加しました。サウンドライブラリの容量が235GBになっています。

 

WAVESのベース用オススメのプラグイン(2017年10月20日)
DTM環境が整い誰でも簡単にレコーディング、ミックスができる時代になりましたが、ミックス時のベースの扱いで困っている人も多いと思います。耳のコンディションやオーディオインターフェイスの違いで、特に低域は聴こえ方が違ってきますので、いまだにベース処理には…

 
 

FOSTEX PM0.3 | DTMデスクトップ・スピーカー(2017年09月15日)
2017年07月に後継モデルとなる「PM0.3H」が発表されましたが、このサイズと価格帯でのデスクトップ・モニタースピーカーをセレクトする際に基準となるのがFOSTEXの「PM0.3」です。FOSTEXのパーソナル・アクティブスピーカー・システム「PM0.3」は…

 

VOCALOIDエディター | おすすめDTMボーカル音源の比較(2017年09月11日)
ボーカロイドに歌わせるために必要なヤマハの「VOCALOID Editor」とクリプトンのボーカルエディター「Piapro Studio」を紹介しているページに「VOCALOID Editor for Cubase」と「Mobile VOCALOID Editor」の記事を追加して更新しました。

 

Seinbergのオーディオ・インターフェイス(2017年08月17日)
はじめて購入したオーディオ・インターフェイスがSeinbergという人も多いと思いますが、Seinbergの『UR シリーズ』にはCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版が付属します。このページではSeinbergのオーディオ I/Fの特徴&ラインナップと…

 

オーディオ・インターフェイスのガイド | はじめての宅録ツール(2017年08月02日)
宅録の必需品であるオーディオ・インターフェイスをわかりやすく紹介している「オーディオ・インターフェイスのガイド」に、新たにエントリーユーザー向けに「オーディオ・インターフェイスの選び方」を追加してリニューアルしました。

 

はじめてのDTM用モニタースピーカー・セレクト(2017年07月28日)
買い替えは考えない人にオススメすることのできる、低価格帯の5インチクラスのモニタースピーカーでは最高だと言っても間違いのない『JBL LSR305』を3つめの初心者オススメのスピーカーとして新たにセレクトしました。

 

歌録音に必要なボーカル用マイク | はじめての宅録ツール(2017年07月27日)
最近では利用者もたくさんいる「nana」のような自分の歌声を手軽に公開することのできるコミュニティーがたくさんあります。「nana」自体が時間制限やモノラルにしか対応していないなど、お遊び的なコミュなのでそれで良いのかもしれませんが「本格派の人たち」も利用…

 

iRigシリーズ | IK Multimediaのオーディオ・インターフェイス(2017年07月24日)
ラップトップPCやモバイル機器に最適なIK Multimediaのオーディオインターフェイス『iRig シリーズ』は、非常に人気がありシリーズ化しています。NAMM2017で発表された待望の24ビット/96kHz対応のポケット・サイズのオーディオI/F「iRig Pro I/O」が2017年07月に…

 

Apolloシリーズ | DSP搭載オーディオ・インターフェイス(2017年07月09日)
Universal Audioの『Apollo シリーズ』は2012年販売を開始したDSP搭載のオーディオ・インターフェイスです。高機能オーディオインターフェイスに、UAD-2プラグインがリアルタイムで動作する定評のDSPシステムが合体した『Apollo シリーズ』は多くの人たちが望んでいた…

 

Reason 9.5の新機能(2017年06月06日)
一ヶ月くらい前からβ版などが公開されていましたが、Propellerheadから、2017年05月29日に『Reason 9.5/Reason Essentials 9.5』が全世界同時リリースされました。今回のバージョンアップでReasonはVST互換になり、サードパーティー製のVST音源やプラグイン…

 

ProChannelの実力 | SONARの大きな魅力(2017年05月31日)
ドラム音源「Addictive Drums 2」をはじめ、Nomad Factory「Studio Mixing Suite」、Celemony「Melodyne essential」など豪華にサードパーティ製のエフェクターやソフトシンセが『SONAR PLATINUM』には付属します。そのため紹介が後回しにされがちですが…

 

GENELECのスタジオ・モニター | DTM・DAWスピーカー選び(2017年05月10日)
2017年からMIPAからPIPAへ変更となったスタジオモニター部門で『GENELEC 8340A』が最優秀賞を受賞しました。また人気モデル「8020C」と「8030B」をマイナーチェンジした「8020D」「8030C」が2017年05月より発売されます。

 

マスタリング用エフェクターの比較

T-RackS

サイト公開初期の頃からオススメすることのできる定番のDAWマスタリング用のプラグイン・エフェクトを「定番」「オススメ」「低価格」などのカテゴリーに分けて紹介していましたが、主要プラグインの輸入版による低価格化やPowerCoreの生産終了なども考慮して「マスタリング用エフェクターの比較」として再構成しました。

宅録スタジオにも導入しやすいDAWマキシマイザーを「マスタリング用ナチュラルサウンド・エフェクター」と「マスタリング用アナログサウンド・エフェクター」に分けて紹介すると同時に『WAVES L3』『Oxford Inflator』『T-RackS』は個別に解説ページを新規に公開しています。



BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




最終更新日 : 2018年02月

▲ページトップ