DTM・DAW宅録スタジオ構築ナビ

〜失敗しない自宅音楽スタジオの作り方〜

DTM・DAWソフトをメインとしたPCベースの音楽制作は一般の方にもかなり浸透してきていて、プロ/アマ問わずに現在では最もスタンダードな音楽制作の手法となっています。

このサイト『DAWスタイル 〜宅録スタジオ構築ナビ〜』は、すでに自宅に音楽スタジオを作り、DTM・DAWソフトで宅録(自宅録音)をしている方で、更に作品をレベルアップしたいという方や、これからDTM・DAWソフトを中心とする自宅スタジオを構築して、音楽制作を始めようとしている方などを対象としているDTMに特化したサイトです。

2008年03月に公開を開始してから『DAWスタイル』は2019年03月で12年目に突入で、トータルページ数も400ページを越えました。ここまで長くDAWサイトを続けることができたのは訪問してくれる皆様のおかげです。本当に感謝しています。

 

<お知らせ>
2019年06月21日より、サイトのSSL化やコンテンツの見直しをはじめ大幅な改修作業を行っています。しばらくの間は見ることのできなくなるページがありますことをご了承ください。

また、後日正式にお知らせしますが、サイトの一部を有料化することにしました。今までパスワード公開していたページが300ページ以上ありますが、新記事を追加して有料で公開します。コンテンツの有料化は8月を予定しています。

DAWスタイル・ピックアップ

Cubase 特集ページ (2019年07月 リニューアル)

Cubase 10 画像

先行して「Cubase 10の新機能 - ARA 2対応」を公開しましたが、「Cubaseの特集ページ」を約3年ぶりにリニューアルして07月02日に公開しました。

2019年06月にリリースされた「Cubase 10.0.30」までを踏まえた上での記事となります。また「MIPA 2019」のスタジオ・ソフトウェア部門で『Cubase Pro 10』が最優秀賞を獲得したことも記載しました。

バージョン 9.5はアップデートしなかったので、ページにしなかったのですが、「Cubase Pro 10」にはアップデートして使用していますので参考になるのではないかと思います。


 

Studio One 特集ページ (2019年01月 リニューアル)

Studio One 4 画像

完全な定番になっただけではなく、最も勢いのあるDAWソフトと言っても間違いない「Studio One」の特集ページを2019年01月リニューアルしました。

2018年に登場した「Studio One 4」の新機能のページはもちろんのこと、「Studio Oneの歴史と定番への道のり」「Studio Oneの特徴とオススメ・ポイント」などの新ページを追加してトータル10,000文字以上記事を追加しています。


 

現代版 オススメのマスタリング用エフェクター(2018年09月公開)

Eventide「Elevate」

2017年の後半からEventide「Elevate」、IK Multimedia「T-RackS 5 Master Match」、iZotope「Ozone 8」など、マスタリング・プラグインがかなり熱く、確実にマスタリング・プラグインも次の時代へ突入しました。

今回、FabFilter「Pro-L2」、Eventide「Elevate」、IK Multimedia「T-RackS 5 Master Match」、iZotope「Ozone 8」の4種類を選出しましたが、選出したはマスタリング・プラグインはクリエイター個人でも仕事レベル(配信レベル)でのマスタリング作業に対応することができます。


初心者のためのDAW宅録ガイド

自宅スタジオで音楽制作

DAW STYLE

パソコンを使った音楽制作に関する知識がない方で「DAWや宅録って何?」「DAWや宅録で何をすることができるの?」という方もいるかと思います。

そんな方は、まずは「初心者のための宅録スタジオ構築ガイド」と「はじめての宅録ツール」をはじめに見て下さい。

この2つのコンテンツでは「宅録でできること」「宅録で必要なツール」「DTM/DAWソフトを使う目的」など、これからパソコンで音楽制作をしようとしている方に向けて、ひと通りの知識を得ることができるように紹介しています。

2017年に実際に初心者にもオススメすることのできるツールを厳選した「はじめての宅録ツール - DAWスタイル・セレクト」を強化しています。

 

宅録が中級者以上の方にも最適

DAWスタイル・インフォメーション

このサイトではDTM・DAWソフトをはじめとして、宅録に必要な定番の音楽制作ツールなどを『Mipa Award』の情報を交えながら紹介しています。

ミキシング作業の必需品であるモニタースピーカーやモニターヘッドホンに関するページも充実してきました。

そのため、これから宅録スタジオを作ろうとしている初心者の方はもちろんのこと、宅録の中級者以上の方にも自宅スタジオで行う宅録での作業環境の改善や、音質の向上に役立ててもらえると思います。

 

DAWスタイル 最新&更新記事ピックアップ

 

2019年06月に4〜5年ぶりにTwitterを新たに再開しました。まだ方向性は決めていませんが、よろしければフォローしていただけたらと思います。


2019年 公開&更新記事

NEW PAGES

ドラム専用「Virtual Drummer 2」(2019年07月08日)
2019年07月に「Virtual Drummer 2」がリリースされ「MIDIフレーズのドラッグ&ドロップ」「マルチアウト対応」「新しいスタイル、プリセット/フレーズの追加」「強化されたミキサーセクション」など機能強化されました。

 

ギター用アンプシミュレーターの比較(2019年07月06日)
DAWソフト上でプラグインとして使用することのできる定番とおすすめのエレキ・ギター用のプラグイン・アンプシミュレーターを紹介するコンテンツです。進化したソフトシンセ・ギター音源とアンプシミュレーターで、打ち込みでもリアルなギターサウンドを得ることができます…

 

Steinberg - Cubase AI付属 | オーディオ I/F比較ナビ(2019年07月01日)
はじめて購入したオーディオ・インターフェイスがSteinbergという人も多いと思いますが、Steinbergの『UR シリーズ』にはCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版が付属します。このページではSteinbergのオーディオ I/Fの特徴&ラインナップと…

 

Cubase 10の新機能 - ARA 2対応(2019年06月30日)
2018年11月にリリースされた『Cubase 10 シリーズ』ですが、このサイトでも昨年にはページができていたのですが、ARA 2に対応するまで待っていた状態だったため2019年06月のページ公開となりました。2019年03月には対応するだろうと思っていたのですが06月27日に「Cubase 10.0.30」がリリースされ、待望のARA 2に対応しましたので…

 

DTM・DAWソフトナビ(2019年06月28日)
宅録スタジオの中心であるDTM・DAWソフトについて詳しく紹介しているコンテンツですを3年ぶりに更新しました。「DTM・DAWソフト最近の傾向」「ループシーケンス機能搭載のDAWソフト」「DAWソフトと作品クオリティー」「DAWソフトと作業効率」「DTM・DAWソフトの選び方」など全ページ更新しています。

 

ACID Pro 9の新機能と進化のポイント(2019年06月17日)
2018年に約9年ぶりにまさかのバージョンアップで「復活」が話題となったMAGIX「Acid Pro 8」が進化して2019年に『Acid Pro 9』へとバージョンアップしました。バージョンアップした「ACID Pro 9」の新機能と進化のポイントで注目は「MIDIプレイ可能なチョッパー・パフォーマンスツール」「32bit VSTブリッジに対応」…

 

コード入力対応のDTM・DAW | コードトラック搭載ソフト(2019年06月13日)
コード入力対応のオススメDTMソフトを紹介しているページをバージョン4でコードトラックを新機能として搭載した「Studio One」の記事を追加してリニューアルしました。コード入力対応オススメ統合型DAWとパートナーとして最適なDTMにわけて紹介しています。

 

Digital Performer 10 の新機能と注目ポイント(2019年06月11日)
2019年03月に発表されたMOTUのDTM・DAWソフト「Digital Performer 10(DP10)」は、約4年ぶりのメジャーアップデートです。このサイトで2015年に「Digital Performer 9の新機能」のページを公開していますが、バージョン9のときが約2年半ぶりの…

 

KORGのMIDIキーボード | おすすめDAWコントローラの比較(2019年06月02日)
2016年06月の最終更新から3年ぶりとなる2019年06月に「KORGのMIDIキーボード」を更新しました。ただ、すでに完成されたキーボードということもあり「nanoKEY Studio」以降は新たなモデルは追加されていません。

 

Studio One 4.5の新機能(2019年05月27日)
ユーザーの声にフォーカスを当てた70以上の新機能と機能向上を実現してたPresonus「Studio One 4.5」が2019年05月にリリースされました。フリー・アップデートですので、バージョン 4のStudio One ユーザーは無料でアップデートすることができます。個人的に05月23日にStudio One 4.5へアップデートし「Studio One 4.5」の使いそうな新機能とバグみたいなものを「Studio One 4.5のアップデート内容」で記載しています。

 

ドラム専用のDTM音源 | おすすめソフトシンセ比較ナビ(2019年04月19日)
主に『SUPERIOR DRUMMER 3』『Addictive Drums 2』『BFD3』などのドラム専用のオススメDTMソフト音源を紹介しているページに『Virtual Drummer』を加えて2019年にリニューアルしました。

 

宅録スタジオ・ヘッドホン | DTM・DAWモニター選び(2019年04月17日)
2019年に個人的な音楽制作環境で使用しているスタジオモニター・ヘッドホンを変更しました。そのことを踏まえて「宅録スタジオ・ヘッドホン」を2016年以来の約3年ぶりとなるアップデートしました。

 

Cubase 10 ガイド(2019年04月15日)
Steinberg CUBASE 10のガイドブックは2019年04月時点で『CUBASE PRO 10 攻略BOOK』『Cubase 10 Series 徹底操作ガイド』が発刊されています。オススメは間違いなくバージョン9よりも価格が安くなった『CUBASE PRO 10 攻略BOOK』ですが…

 

マルチタイプのDTM音源 | おすすめソフトシンセ比較ナビ(2019年01月16日)
昨年リリースされた「KOMPLETE 12」と、今年リリースされる「SampleTank 4」の記事を追加して「マルチタイプのDTM音源」のページを更新しました。最後にページを更新したのが「HAlion 6」が登場したときですので、2017年02月以来の更新となります。

 

Studio Oneの特徴とオススメ・ポイント(2019年01月10日)
2018年08月あたりから「Cubase Pro 9」と「Studio One 4 Professional」のどちらが良いのか?という質問メールを、かなりの人からもらいました。しかし、本格的に「Studio One 3」を使用したのが、2018年01月ということもあり、05月リリース時点での…

 

Studio Oneの歴史と定番DAWへの道のり(2019年01月08日)
2009年の誕生したPreSonusのDAWソフト「Studio One」は、間違いなく日本国内でも定番の音楽制作ソフトとなりました。知名度では長いあいだ「オススメの定番ソフト」として紹介される定番ソフト「CUBASE」と並んだと言っても間違いないでしょう。2018年リリースの…


 

2018年 公開&更新記事

現代版 オススメできるDAWマスタリング用エフェクター(2018年09月25日)
2017年の後半はマスタリング・プラグインがかなり熱く、確実にマスタリング・プラグインも次の時代へ突入しました。長い間、WAVESのL3 シリーズが定番だったので、あの音の質感が好きな人はたくさんいますし、まだファイナルプラグインで使っている人もたくさんいます…

 

FabFilter Pro-L2 | マスタリング・プラグインの比較(2018年09月16日)
わたしの周りで、ここ数年でリミッターだけでなくCPU消費の少ないEQ「Pro-Q2」にしてもFabFilterのプラグインを使い始めた人は非常に多いです。2017年12月にバージョンアップしてリリースされたラウドネス&クリアが売りのリミッター「FabFilter Pro-L2」は…

 

ADAM Audio T シリーズ「T7V」「T5V」(2018年09月02日)
MIPA 2018 の「Studio Equipment 部門」で最優秀賞を受賞したADAM Audio『Tシリーズ』は、高性能かつコストパフォーマンスに優れた2ウェイ・パワードスタジオモニターです。ラインナップは5インチウーファーを搭載した「T5V」と、7インチウーファーを搭載した「T7V」の2モデルです。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 9 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




最終更新日 : 2019年07月

▲ページトップ