SONAR X2

〜CakewalkのDTM・DAWソフト〜

SONAR X2 セレクトポイント

X2 PRODUCERがおすすめ

SONAR X2シリーズ

今バージョンの目玉である「R-MIX SONAR」やOverloudのアンプシミュレーター「TH2 PRODUCER」など付属するプラグインなどから考えると、やはり3ラインナップのなかでは『SONAR X2 PRODUCER』がオススメです。

サードパーティー製のエフェクターやソフトシンセをメインにしている方でも「Pro Channel」やプラグインは魅力がありますので、このシリーズを音楽制作のメインに考えているのであれば、最上位版の『SONAR X2 PRODUCER』で間違いないと思います。

他のDAWソフトとの比較になると、同時期に定番であるSteinberg『Cubase 7』とMOTU『Digital Performer 8』がリリースされました。

このサイトでも「どれが良いのか?」と、もう何度も頂いた質問ですが、インターフェイスにしてもそうですが、ソフトとの相性です。

SONAR X2 直輸入盤の日本語化

円安での価格上昇が考えられたので、個人的に『SONAR X2 PRODUCER』の直輸入盤を2012年12月に購入しました。購入価格は2万1,000円です。

インストーラーに日本語はありませんでしたが、Windows 8に対応するアップデータ『SONAR X2a』で無事に日本語化することもできました。

基本的にはMacユーザーなので、なかなか時間が取れずに、まだ使い込んではいませんが、一緒に購入した『SONAR X2 完全攻略ガイド』を片手に、サードパーティー製のプラグインを一切使わずにカバーですが1曲作ってみました。

SONAR X2の使い勝手は良い

『SONAR』を使うのが初めてというわけではないこともあり、かなり使い勝手は良かったです。「Pro Channel」やソフトシンセ「Rapture」は、なかなかのものです。

わたしの場合は作業効率の関係上、現段階だと、どうしてもWindowsに対応したMOTU『Digital Performer 8』をPCにインストールするのが必須になりますが、もっと本格的に使い込んでみたい気持ちになりました。

 



DTM・DAWソフト最新バージョン・ナビ TOP

▲ページトップ