Ableton Live Intro

〜AbletonのDTM・DAWソフト〜

Live Introの特徴

このページの記事は2009年に『Ableton Live Intro』が登場したときに作成したものです。2013年にリリースされた『Ableton Live 9 Intro』の記事は含んでいませんので注意して下さい。

Live LEの後継ソフト

Ableton Live Intro

エントリーユーザー向けの『Ableton Live Intro』は、今までの『Ableton Live LE』の後継モデルで、作曲、レコーディング、ミックス 、パフォーマンス、DJなどの音楽活動を低価格でサポートするDAWソフトです。

1万5,000円を割る低価格ながら上位版の『Live シリーズ』をベースに、スレーブとしてもマスターとしても使用可能な「ReWire」、グルーヴをリアルタイムで適用・抽出できる「新グルーヴエンジン」などの機能を標準で装備しています。VST/AUプラグインも利用することができます。

7GBのオーディオ・コンテンツ付属

Live Intro画像

更に、あらかじめ500のソフトシンセとドラムラックや、著名なサウンドデザイナーの手によるループなどの合計7GBの豊富なオーディオ・コンテンツが付属しているため、『Live Intro』以外のその他のソフトを導入しなくても、ある程度、しっかりとしたクオリティーの音楽制作をすることができるのも、このDAWソフトの大変に大きな魅力です。

Live Introのセレクトポイントと詳細スペック

初心者にも安心のDAWソフト

Ableton Suite画像

音楽経験のない方や、ギタリストやベーシストの方で、今までにPCベースでの音楽制作をしたことのないという方でも、『Live Intro』に製本版のスタートアップガイドも付属しているだけでなく、内蔵レッスンもありますので、安心して学びながら操作を覚えて行くことができます。

また、フルバージョンの『Ableton Live』や『Ableton Suite』(左画像)に、お得な価格で『Live Intro』からアップグレードすることができますので、後々、上位バージョンの『Live シリーズ』をDAWシステムの各にする可能性のある方などにオススメです。

詳細スペック

この『Ableton Live LE』の後継DAWソフト『Ableton Live Intro』の詳細スペックや価格情報などに興味のある方は、以下のリンク先の「Ableton Live Introの詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。


 



Ableton Live シリーズ TOPページ

Ableton Live Intro | DTM・DAWソフト比較ナビ(更新日:2016年11月29日)

▲ページトップ