FOSTEX PM0.3

〜DTMデスクトップ・スピーカー〜

FOSTEX PM0.3の特徴

デスクトップ・モニタースピーカーの基準

FOSTEX PM0.3

2017年07月に後継モデルとなる「PM0.3H」が発表されましたが、このサイズと価格帯でのデスクトップ・モニタースピーカーをセレクトする際に基準となるのがFOSTEXの「PM0.3」です。

FOSTEXのパーソナル・アクティブスピーカー・システム「PM0.3」はアクティブスピーカー側にデジタルアンプ15W+15Wを搭載しています。

エントリーユーザーを中心にDTM用の小型モニタースピーカーのスタンダードとなった2008年に登場した「FOSTEX PM0.4」の影響もあって2012年03月の発売当初から注目度と期待度が高かったモニターです。

本体サイズは100(幅)×185(高さ)×130(奥行)mmで、プラック/ホワイト/グレーの3色のカラーを選ぶことができます。(新モデルのPM0.3Hはブラックとホワイトの2カラーです。)

手軽に高音質の音楽再生を実現

この「PM0.3」は手軽に高音質の音楽再生を実現できるので、PCオーディオ用スピーカーとして導入する人も少なくありません。

正直、一昔前はこの価格とサイズで「スタジオモニター・スピーカー」と言われても「ハ?」という感じで、まったく相手にされなかったのですが、『PMシリーズ』はその先入観であったり考えを革命的に変えたと思います。

限られた宅録環境でのモニター環境を構築するという多くの人の持つ悩みを軽減し、大きく変えたFOSTEXの功績というのは非常に大きいと思います。

2017年にハイレゾに対応したPM0.3Hが登場

FOSTEX PM0.3H

2017年07月に「PM0.3」の後継モデル「PM0.3H」が発表されグレードアップしました。

本体サイズは100(幅)×185(高さ)×130(奥行)mmで見た目も前モデルと変更がありませんが、大きなアップグレードの特徴は何と言ってもハイレゾに対応したところにあります。

カラーはブラックとホワイトの2カラーが「PM0.3H」には用意されています。


 



DTMデスクトップ・スピーカー TOP

FOSTEX PM0.3 | DTMデスクトップ・スピーカー(公開日:2016年05月27日/更新日公開日:2017年09月15日)

▲ページトップ