入門版『SONAR』

〜CakewalkのSONARシリーズ〜

はじめてのDAWソフト『SONAR』

SONAR X1 Essential

SONAR X1 Essential

2010年12月に登場した『SONAR X1 シリーズ』のなかのエントリー版の『SONAR X1 Essential』はビギナー向けのDAWソフトです。「Essential」という名前はいかにも『Cubase Essential』を意識している感じがします。

上位版『SONAR X1 シリーズ』と共通のユーザー・インターフェースを採用していますが、『SONAR X1 Essential』は上位版と違い64ビット版のOSに対応していません。

そのため、64ビット版のOSにソフトをインストールしても32ビット版アプリケーションとして動作します。

またエントリー版なので、基本的なエフェクターなどは標準で付属していますが、ソフトシンセやエフェクターは上位版へ比べると少ないです。ただし物足りなさを感じたらに上位版へアップグレードすることもできます。


SONAR X1 LE

SONAR X1 LE

CakewalkのMIDIキーボードやオーディオ・インターフェイスなどのハード製品にはライト版の『SONAR LE』がバンドルします。

2011年に登場してハード製品にバンドルされるようになった『SONAR X1 LE』は『SONAR X1 シリーズ』をベースに開発された直感的な操作が可能なDAWソフトです。

パッケージ版の『SONAR X1』と比べるとさまざまな点で見劣りしますが、ライト版でも32bit/96kHzの高音質レコーディングに対応しています。

ソフトシンセやプラグイン・エフェクターも『SONAR X1 LE』登場以前にUSB - MIDIキーボード『Aシリーズ』などにバンドルされていた『Cakewalk Production Plus Pack』と同様に「Cakewalk Sound Center」「Studio Instruments Drum Kit」などのソフトシンセや10種類プラグイン・エフェクターなど音楽制作に最低限必要なものは搭載されています。


 

SONAR Home Studioの特徴

SONARシリーズの入門版

SONAR Home Studio

SONAR Home Studioは『SONAR シリーズ』の入門版です。入門版ソフトと言っても楽曲制作、レコーディング、ミキシング、マスタリングまでを、このDAWソフト1本で行うことができます。

上位版の『SONAR Home Studio XL』には、『Home Studio』に収録されているコンテンツに加え、サウンドに迫力を出すマスタリング時に役立つピーク・リミッター「Boost 11」などの作品のクオリティーをアップさせるために不可欠なプラグイン・エフェクトや、400を超えるプログラムが付属する「D-Pro LE」をはじめとするサンプル・ライブラリが追加で収録されています。

SONAR Home Studio 7

2009年07月に登場した『SONAR Home Studio 7 XL』には、真空管ギター・アンプをモデリングした「Studio Devil VGA+ Guitar Amp Simulator」や、オーケストレーションの核となるサウンドをリアルに表現するソフトシンセ「Garritan Pocket Orchestra」などの魅力的なプラグインも収録されました。


 

セレクトポイントと詳細スペック

入門版『SONAR』のセレクトポイント

このページで紹介している『SONAR シリーズ』はエントリーユーザー向けの『SONAR』です。Windowsユーザーに『SONAR シリーズ』は『Cubase シリーズ』同様に人気のあるDAWソフトなので、はじめてのDAWソフトに『SONAR』を考えている方も多いと思います。

エントリーユーザー向けの『SONAR』に興味のある方などは、ブログのほうで『SONAR X1 Essential』が登場する前の記事ですが、入門版の『SONAR』の選び方について記事にしていますので、入門版『SONAR』の選び方を参照して下さい。

詳細スペック

DAWソフト『SONAR Home Studio』やライト版『SONAR』の詳細スペック、新バージョンの情報、価格情報などに興味のある方は、以下のリンク先の「SONARシリーズの詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。


 


▲ページトップ