MOTU『828mk3』

〜DSP搭載のオーディオ・インターフェイス〜

2008年に発売を開始したMOTU(マークオブザユニコーン)のオーディオ・インターフェイス『828mk3』は、音質の良さと操作性良さから発売以来オーディオ・インターフェイスの定番となっている『828シリーズ』の待望のDSPエフェクトを搭載したモデルです。

DSPエフェクトを搭載しているインターフェイスなので、レイテンシー(音の遅延)やパソコンが重くなるというようなことを心配する必要なく軽快なミキシングとエンジニアリングを行うことができます。


2012年01月に新たに発売を開始した『828mk3 Hybrid』ではFirewireとUSBの両端子を装備したため、Mac/Windows問わずに多くの環境で使用することができるようになりました。

 

828mk3の特徴

FireWire/USB オーディオ・インターフェイス

828mk3 Hybrid

MOTU『828mk3』はデジタル/アナログ合わせ28インプット/30アウトプットの192kHzまでのサンプリングレートでの録音/再生に対応するオーディオ・インターフェイスと、28インプット/16バスの高音質デジタルミキサーがひとつにまとまった製品です。

スタンドアロン起動もするためパソコンを起動していなくてもデジタルミキサー&エフェクターとしても使用することができます。

パソコンとの接続は初代『828mk3』はFireWireのみの接続でしたが、2012年に発売を開始した『828mk3 Hybrid』はFirewireとUSB2.0の2つの接続に対応しました。

 

828mk3 Hybridの便利な機能

ストレスのないエフェクト環境を提供してくれる内蔵DSPエフェクトの搭載とハイレベルな音質が主にピックアップされますが『828mk3 Hybrid』はオーディオ・インターフェイスに「なくても困らないけどあったら良いなー」という便利な機能もしっかりと装備されています。

例を出すとアナログ入力にクリップノイズを未然に防いでくれる「V-Limit ハードウェアリミッター」やマイク/ギター入力には「Soft Clip」の搭載などです。

また独立したボリュームツマミを持つ自由自在なモニター調整ができるヘッドフォン出力を2系統搭載しているのも複数のヘッドホンを使用してミックスダウンを行う方には重宝すると思います。

 

MIDIインターフェイス

その他にもMIDIインターフェイスも搭載していますので、USB接続ができないMIDIキーボードやシンセサイザーを所有している方も別途MIDIインターフェイスを購入する必要がないので安心です。

すでに宅録スタジオを構築している方で、そろそろパソコンを含めた新たな宅録システムを構築しようと考えている方も少なくないと思いますが『828mk3』なら過去のMIDIシンセなどもそのまま新しい環境に導入することができます。

そのため慣れ久しんだマスターキーボードを変更する必要はありません。

 

ミキシングソフト「CueMix FX」

CueMix FX

ミキシングをはじめとする音楽制作の作業を快適にすることができるミキシングソフト「CueMix FX」がMOTUのオーディオインターフェイスには付属しています。

CueMix FXを使用することにより『828mk3』の内蔵ミキサーで、パソコン上のプラグイン・エフェクトとは別に、この製品の目玉でもあるDSPエフェクトを全入出力チャンネルへ掛けることができます。

 

内蔵DSPエフェクト

ビンテージ・コンプレッサー/レベラー

内蔵DSPエフェクトには「イコライザー(7-band EQ)」「ビンテージ・コンプレッサー/レベラー(Vintage compression)」「クラッシックリバーブ(Classic Reverb)」などが用意されています。

48kHz時には全チャンネルすべてに「7バンドパラメトリックEQ」と「コンプレッサー」をインサートすることが可能です。

その他にも視覚的にも確認しながらEQ調整を行うことができる「リアルタイム・オーディオ・アナライズ」や「フェイズアナライザー」「X-Yプロット」「オシロスコープ」なども『828mk3 Hybrid』は搭載しています。

 

AudioDesk 3 が付属

Mac上で動作するDAWソフト『AudioDesk 2』が『828mk3』には付属しましたが、2012年の『828mk3 Hybrid』ではバージョンアップした『AudioDesk 3』が付属します。

この付属DAWソフトはDTM・DAWソフトの世界で、大定番であるMOTUの『Digital Performer』の弟分とも呼べるソフトです。

AudioDeskはトラック数無制限の24bitレコーディングとオーディオ編集ソフトで、32bitミキシング/エフェクト/マスタリングへも対応しています。また最新版の『Digital Performer』 へアップグレイドすることも可能です。

 

828mk3のセレクトポイントと詳細スペック

エディターズ・チョイス・アワード 2012

MOTU『828mk3 Hybrid』はElectronic Musician誌の『エディターズ・チョイス・アワード 2012』の「MOST BADASS INTERFACE」を受賞しています。

また最優秀賞を受賞したのはUNIVERSAL AUDIOのDSPエフェクト搭載 オーディオ・インターフェイス『Apollo』ですが『Mipa Award 2012』の「レコーディング・ハードウェア部門」にも『828mk3 Hybrid』はノミネートされています。

 

詳細スペック

このページでは購入者の視点に立ってMOTU(マークオブザユニコーン)のオーディオ・インターフェイス『828mk3』を紹介しましたが、ここで紹介した以外にも『828mk3』はさまざまな機能を搭載しています。

DSPエフェクト搭載オーディオ・インターフェイス『828mk3 Hybrid』の詳細のスペック、価格情報などに興味のある方は、右下の「MOTU『828mk3 Hybrid』の詳細スペックと価格情報」で確認して下さい。


区切りライン

 

Wavesガイド
ギター・サウンド 〜エフェクター & ソフトシンセ〜
ミックスダウンとマスタリング

MOTUのDSPエフェクト搭載 オーディオ・インターフェイス TOP