ADAM Fシリーズ

〜失敗しないDTM・DAWの宅録スピーカー選び〜

ADAM スタジオモニター Fシリーズ

コストパフォーマンスの高いスタジオ・モニター『F7』

ADAM『F7』

MIPA2013の「スタジオモニター部門」で最優秀賞を受賞したADAM Audio(アダム・オーディオ)のスタジオモニター・スピーカー『F7』は定番モニターである『ADAM A7X』とほぼ同サイズで、価格はペアで6万円前後です。

この価格ながら「空気感」「クリア感」「音の解像度」など、優れたADAMサウンドは、しっかりと受け継がれていて、音のトータルバランスは非常に良いです。

とにかくコストパフォーマンスの高さが『F7』は魅力ですので、はじめて宅録スタジオに本格的なモニタースピーカーを導入しようとしている方にオススメです。

この『F7』の他にもADAM『F シリーズ』には『A5X』と同サイズのペアで4万前後の『F5』、サブウーファー『Sub F』があります。

新しくなったARTツイーター

上位モデル『ADAM AXシリーズ』『ADAM SXシリーズ』に採用されているのは「X-ARTツイーター」ですが、『F シリーズ』に採用されているのは、『A7』でお馴染みの『Aシリーズ』で搭載されていた「ARTツイーター」を新しくしたものです。

ARTツイーターとの相性を考えて新しく設計されたウーファーは『F7』が7インチ・ウーファー、『F5』が5インチ・ウーファーを搭載しています。

MIPA2013 スタジオモニター部門受賞

mipa2013 スタジオモニター部門『ADAM F7』

前述しましたが、MIPA2013のスタジオモニター部門でADAM『F7』は最優秀賞に輝いています。もしかすると、MIPA2007年のスタジオモニター部門で『ADAM A7』が受賞したときよりも快挙かもしれません。

なぜなら、このサイトで紹介ている「MIPA受賞スタジオモニター・スピーカー」を参照してもらえれば分かると思いますが、ペアで6万円前後の価格帯で、この部門を受賞するというのは本当に凄いことだからです。

 

コストパフォーマンスの高さやトータルバランスの良さが魅力のADAM Audio(アダム・オーディオ)のスタジオモニター・スピーカー『F シリーズ』の「詳細スペック」「価格情報」などに興味のある方は「ADAM Audio F シリーズの詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 9 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




ADAM Audioのスタジオモニター・スピーカー TOP

ADAM Fシリーズ | DTM・DAWスタジオ・モニターの比較(更新日:2016年07月23日)
▲ページトップ