nanoKEY2

〜KORGのUSB-MIDIキーボード〜

KORG nanoKEY2

超スリムサイズのUSB-MIDIキーボード

コルグ『nanoKEY2』

3,000円台という価格も魅力で、すごく高い評価を受けているKORGの超スリムサイズのUSB - MIDIキーボード『nanoKEY2』ですが、機能とか演奏とか、そういう細かいことは考えずに、手軽に導入することができるモバイル環境にも最適なキーボードです。カラーはブラックとホワイトがあります。

キーボード本体よりも、「M1Le」や「Reason Limited」をはじめとする付属する音楽ソフトのほうが高額と言っても間違いではない、価格からは考えられないような多くのバンドルソフトが付属しているのも、『nanoKEY2』の人気に拍車をかけている気がします。


スリムサイズでも多機能

スリムサイズとは言っても『nanoKEY2』はベロシティ対応で「PITCH UP/DOWNボタン」「OCTAVE UP/DOWNボタン」「MODボタン」「SUSTAINボタン」をキーボード本体に搭載していて、なかなか多機能です。

専用エディター・ソフト「KORG KONTROL Editor」にも対応しているので、『nanoKEY2』のベロシティ・カーブなども変更することができます。

ただし、25鍵盤ではなく、25キーなので、キータッチとか演奏感とかは書きませんが、DAWソフトに搭載されているディスプレイ上の鍵盤キーボードに比べると、数段作業がはかどります。

nanoKEY2 レビュー

気分転換にリビングの大きなテレビを観ながら、ノートPCで、ちょっとした作業をしたかったので、2013年12月に実際にブラックカラーを購入してみましたが、本体の薄さもあって、驚くくらい『nanoKEY2』は邪魔になりません。本当に「お〜」という感じです。

キーボード本体に「SUSTAINボタン」もあるので、ピアノ系の楽器をリアルタイム入力する人もいるのだと思いますが、どうしても「ツールに人間が合わせる状態」になってしまうので、個人的にはメロディーをスケッチする感じ以外での、MIDI入力用のキーボードとしては使わないと思います。

そのためDAWベースで、しっかりとした音楽制作をしようとしている方の1台目のMIDIキーボードとしてはオススメはしません。

それでも、サブ機用であったり、モバイル環境用と割り切れば、『nanoKEY2』は価格も安いので非常に良くできた製品で、手軽に導入することができるという点でも人気があるのも分かる気がします。


 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 9 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




KORG MIDIキーボード/DAWコントローラ TOPページ

nanoKEY2 | KORGのUSB - MIDIキーボード(更新日:2016年06月23日)

▲ページトップ