ROLAND キーボード/コントローラ

〜おすすめMIDIキーボード/DAWコントローラの比較〜

MIDIキーボードのブランド名がROLANDブランドになる前も、EDIROLからCakewalkへ変更したりで統一されないせいか、モデルチェンジが比較的短いスパンで行われているイメージが強いのがROLAND(ローランド)USB - MIDIキーボードです。

ROLAND MIDIキーボード/DAWコントローラの現行ラインナップは、高い評価を得た『A-PRO シリーズ』と『A シリーズ』で、バンドルソフトはCakewalkの『SONAR X1 LE』から『Ableton Live Lite』に変更になりました。

DAWソフトのバンドルはありませんが61鍵盤のシンセサイザーのROLAND『JUNO-DS61』はMIDIコントロール機能とUSBオーディオ・インターフェイス機能を搭載しています。

ROLAND DTM用MIDIキーボード

A-PROシリーズ

Roland『A-500 PRO』

2010年はCakewalk ブランドで、2011年はRoland ブランドでMIPAの「コントローラ・キーボード部門」にノミネートされたROLANDの『A-PRO シリーズ』は演奏性と表現力を重視する方に最適な高性能鍵盤と、ロータリーノブ、スライダー、パッドなど45系統の操作子を装備しているMIDIキーボード・コントローラです。

ローランドのハードシンセ直系の高性能鍵盤を搭載している『A-PRO シリーズ』には、61鍵盤「A-800 PRO」、49鍵盤「A-500 PRO」、32鍵盤「A-300 PRO」のモデルがあり、どのモデルもアフタータッチ機能を装備していて、もちろんベロシティにも対応しています。

コントローラ部分も「A-PRO 専用エディター」でカスタマイズ可能の主要DAWソフトのコントロール・マップを収録しているので、直感的なDAWのリアルタイム・コントロールが可能です。

高性能鍵盤による演奏感の良さと、多彩なDAWコントロール機能を兼ねさ備えるのが魅力の『A-PRO シリーズ』ですが、MIDIキーボード/コントローラとして評価が高いだけのことはあり、他にも「サイドパネルに接続端子を配置して省スペース化を実現」「バックライト付き液晶ディスプレイ搭載」など、細部までユーザー視点で目が行き届いています。


 

Aシリーズ

ROLAND「A-49」

Windows/Mac/iPadの3つのプラットフォームに対応するROLANDの『A シリーズ』のラインナップは、ベロシティー対応の高品位シンセ49鍵盤を採用した「A-49」と、ハンマー・アクション鍵盤を採用した88鍵盤の「A-88」です。

88鍵盤の「A-88」は、まるでアコースティック・ピアノを弾いているかの気分を実感することができるMIDIキーボードです。

鍵盤以外の特徴だとライブ・パフォーマンスでも使うことのできる「D-BEAMコントローラ装備」や、「SuperNATURALモード搭載」などの特徴を『A シリーズ』は持っています。

尚、49鍵盤モデルにはブラックカラー「A-49-BK」とホワイトカラー「A-49-WH」の2カラーがあります。


 

JUNO-DS61

Roland『JUNO-DS61』

61鍵盤のシンセサイザーのROLAND『JUNO-DS61』は、幅広い音楽ジャンルに対応できるプリセット音色を収録します。

簡単操作なだけでなく、質量5.3kgのコンパクト・ボディーで苦労せずに持ち運びもできますので、「ROLAND JUNO-DS61 – 初心者にオススメの軽量シンセサイザー」で詳しく書いていますが、シンセのエントリーモデルとしても最適です。

MIDIコントロール機能とUSBオーディオ・インターフェイス機能を搭載していますので、のちにDAWソフトと連携を考え出したときにパソコンとDAWソフトさえあれば、すぐにパソコンでの音楽制作を開始することができます。

MIDIキーボードとしてだけではなく『JUNO-DS61』はDAWコントロール・ボタンを押すことにより、MIDI コントローラー・モードに切り替わります。

そのため『JUNO-DS61』を操作して「Sonar」「Cubase」「LogicPro」などのDAWソフトをコントロールしたり、つまみやスライダーに機能を割り当て、ソフトシンセのパラメーターのコントロールをできます。

マイクインプット端子が搭載されていますので、ボーカルなどのマイク入力からの信号をパソコンで録音したり、パソコンのオーディオ信号を『JUNO-DS61』のオーディオ・アウトプットから出力することもできます。


ROLANDキーボードのセレクトポイント

ROLAND バンドルソフト

Roland『A-PRO シリーズ』と『A シリーズ』にはCakewalkの最大32bit/96kHzの高音質レコーディングに対応しているDAWソフト『SONAR X1 LE』をバンドルしていましたが、代理店が2013年にSONARがローランドからティアック「TASCAMブランド」になってからは『Ableton Live Lite』に変更になっています。

ただ『A-PRO シリーズ』は『SONARシリーズ』を使用している人なら、設定に迷うことなく安心してコントロール・サーフェスとしても使うことができます。

 
 

ROLANDキーボードの詳細スペック&価格情報

ROLAND(ローランド)のUSB - MIDIキーボード/コントローラ『A-PRO シリーズ』と『A シリーズ』の詳細スペックや価格情報に興味のある方は、以下の「ROLANDのMIDIキーボードの詳細スペックと価格情報」で確認して下さい。




BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




おすすめMIDIキーボード/DAWコントローラの比較 TOPページ

ROLANDのMIDIキーボードのMIDIキーボード(更新日:2017年01月25日)

▲ページトップ