microKEYシリーズ

〜KORGのMIDIキーボード/DAWコントローラ〜

KORG microKEYシリーズ

ミニ・キーボード搭載

コルグ『microKEY』

USBバス・パワーで駆動するベロシティ対応のミニ・キーボード搭載のKORG(コルグ)『microKEY シリーズ』のラインナップは「25鍵モデル」「37鍵モデル」「61鍵モデル」でしたが、2015年に第2世代になって「49鍵モデル(microKEY-49)」モデルが追加されました。

バンドルする音楽ソフトが豊富なのも魅力ですが、MAC&PCだけでなく、iPadと接続して「KORG iMS-20」などのアプリケーションをMIDIでコントロールすることができるのも『microKEYシリーズ』の魅力です。


MIDI入力を重視したキーボード

37鍵モデル『microKEY-37』、49鍵モデル『microKEY-49』、61鍵モデル『microKEY-61』はピッチ・ベンド・ホイール、モジュレーション・ホイールは搭載していますが、DAWをコントロールするのに必要なスライダーもなければ、ノブもない、ナチュラル・タッチが魅力のMIDI入力を重視したシンプルなキーボードです。

25鍵盤モデル『microKEY-25』には、オクターブ・シフト・ボタン、ピッチ・ベンド・ホイール、モジュレーション・ホイールの他にも、アルペジエーター・ボタンとサスティン/タップ・ボタン、そしてコントロール・チェンジをアサイン可能なジョイスティックを搭載しています。

ワイヤレス接続を実現「microKEY Air」

microKEY Air

また、Bluetooth MIDIによるPCとiPad / iPhoneとのワイヤレス接続を実現した『microKEY Air』も2016年に登場しました。

もちろん従来通りのUSB接続も可能で、「25鍵モデル」「37鍵モデル」「49鍵モデル」「61鍵モデル」が『microKEY Air』のラインナップです。

このKORG『microKEY Air』はケーブル類から開放される本当の意味での幕開けな気がします。


省スペースのミニ・キーボード

搭載されているのがミニ・キーボードなので『microKEY-61』『microKEY Air-61』は61鍵盤モデルでも従来のサイズの49鍵盤キーボートと同等の横幅です。

そのため、置き場所の問題で49鍵盤を選ぼうとしている方は『microKEY-61』と『microKEY Air-61』を検討する価値があると思います。

従来のサイズと鍵盤の幅が違うということで、不安を持つ方もいると思いますが、黒鍵と白鍵の比率は、非常に良く調整されていて、コードも押さえやすく演奏もしやすいです。

キーボードプレイヤーの方で、演奏に妙なクセを付けたくない方などには、黒鍵と白鍵の比率が従来の鍵盤の幅と違うのでオススメできませんが、そうではない方は省スペースなだけでなく、価格も安いので良いと思います。

定番MIDIキーボード『microKEY』と新たに2016年に登場した『microKEY Air』の詳細スペックと最安値情報は以下の「microKEYシリーズの詳細スペック&価格情報」で確認して下さい。




BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選





KORG MIDIキーボード/DAWコントローラ TOPページ

microKEYシリーズ(更新日:2016年06月25日)

▲ページトップ