iZotope Nectar

〜ボーカル用のプラグイン・エフェクト〜

iZotope(アイゾトープ)の2011年に日本国内でも販売を開始した『Nectar』はピッチ補正を含むボーカル処理用の11種類のエフェクターを1つに統合したボーカル・トラックの編集に特化したプラグイン・エフェクターです。

お手頃価格ながらもハイ・クオリティーを実現している『Nectar』は『Mipa Award 2011』の「Audio Processor (Software)部門」で最優秀賞を受賞するなど高い評価を受けています。

 

現在、バージョン 2になりましたがピッチエディター・プラグインは『Nectar 2 Production Suite』のみに搭載されていますので注意して下さい。『Nectar Elements』及び『Nectar2 STD』には搭載されていません。

iZotope Nectarの特徴

11種類のボーカル用エフェクターを統合

iZotope Nectar画像1

ボーカルのために作られた11種類のエフェクターのなかには音楽制作でのボーカル・トラックの編集やミックス作業時に欠かすことのできないピッチ補正、コンプレッサー、EQ、ディエッサー、リバーブ、ディレイはもちろんのこと、自動的に息つぎを検知してくれる「ブレスコントロール」、最大4ボイスを設定することのできる「ダブラー」、ボーカルに温かみなどを加えることのできる「サチュレーション」なども含まれています。

12ジャンル・110スタイルのプリセット

iZotope Nectar画像2

11種類という数のエフェクターをどのようにパッチングしてボーカル・サウンドを作り込んで行けば良いのか分からないという方も居ると思いますが『Zotope Nectar』はプロのミックスエンジニアによって作成された12のジャンルに分別された多数のスタイルプリセットをあらかじめ内蔵していますので、手間を掛けることなく即座にワークフローを設定してくれます。

そのため「ジャンル」と「スタイル」で基本サウンドを選択して、プリセットを始点にしてサウンドを作り込んで行けば、パッチングを気にすることなく自分の欲しい求めるボーカル・サウンドに素早く近づくことができます。

スタイルはポップ、ロック、R&B、ダンス&エレクトロニカ、ヒップホップ&ラップをはじめとする12ジャンル・110スタイルあり、60年代のサウンドから90年代のロックボーカル、ジャズボーカル、モダンポップ、最近良く耳にするロボティックなケロケロボイスをはじめとするさまざまなボーカル・サウンドを瞬時に呼び出すことができます

尚、一般的なエフェクターのプリセットと『iZotope Nectar』のスタイルは異なり、ボーカル・トラックのワークフロー自体を設定するため、最終的なサウンドは自分で細部にわたりコントロールすることができます。

ボーカルのピッチ補正

Nectarピッチ補正

コンプリート・ボーカルツールなので、それほどメーカーで全面的にプッシュはしていませんが、『iZotope Nectar』はボーカルのピッチ補正をすることもできます。

自動ピッチ補正と波形表示による手動ノートエディターを用いて、ボーカルの音程の悪い箇所のピッチ補正をするだけでなく、メロディーの再編などの細かい調整なども自然な音で実現しています。

最近はミッドレンジ・モデル以上のほとんどのDAWソフトにピッチ補正プラグインが標準で付属していることもあり、すでにそれらのソフトを使用している方などはピッチ補正目当てで『iZotope Nectar』に興味を持つという方は少ないかもしれませんが、『Nectar』のピッチ補正はシンプルなユーザーコントロールで高音質を実現していてなかなか良くできています。

まず「Pitch(自動ピッチ補正)」はキーと補正スピードを選択するだけで、自動的に外れている音程を正しく直してくれます。

ANTARESのピッチ補正プラグイン『Auto-Tune』などで作る流行のロボットボイス効果を得たい場合などは、補正スピードを0に設定してあげれば、同様の効果を得ることができます。

次に細かい修正は「Manual Pitch Correction(手動ピッチ補正)」を使用してグラフ上でメロディーや個別ノートの補正量を編集して行きます。

個別ノートの変わり目を制御したり、ノートをドラッグしてメロディーの再編をしたりすることも『iZotope Nectar』の手動ピッチ補正なら可能です。

iZotope Nectarのセレクトポイント

Mipa Award 2011 受賞プラグイン

マスタリング・プラグイン『Ozone』にしてもそうですが、一般ユーザーでも苦にならないお手頃な価格にも関わらずiZotopeは高い評価を受けているプラグインを開発しています。

11種類のエフェクターを1つに統合した『Nectar』も2011年04月に開催された『Mipa Award 2011』の「Audio Processor (Software)部門」で最優秀賞を受賞したことからも分かるように、とても良いボーカル編集ツールです。

ボーカルのミキシングに苦戦している方はもちろんのこと、ある程度以上のミキシング技術を持つ方にも、即座にワークフローを設定してくれ、録音後のクリーンアップからミックス作業までをこなすコンプリート・ボーカルツール『iZotope Nectar』はオススメです。

バンドル製品と詳細スペック

iZotope Studio Bundle

実売価格で『iZotope Nectar』は3万円を切っていて、元々お得感がありますが、単品で購入するよりも更にお得な『Studio Bundle』『Studio & Repair Bundle』などの『iZotopeプラグインバンドル製品』にも『Nectar』は収録されています。

マスタリング・プラグイン『Ozone』もバンドル製品にはパッケージされていますので、iZotope(アイゾトープ)の『バンドル製品』や『Nectar』の詳細スペックと価格情報に興味のある方は以下の「iZotope Nectarの詳細スペックと価格情報」で確認して下さい。


 
 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




iZotopeのプラグイン TOPへ

▲ページトップ