Ableton Live Suite

〜AbletonのDTM・DAWソフト〜

Ableton Live Suiteの特徴

最上位版『Ableton Suite』

Ableton Suite画像

位置付け的に『Live シリーズ』の最上位版にあたるコンプリート・パッケージ『Ableton Suite(エイブルトン スイート)』は『Ableton Live』を中心としたDAWシステムの構築を考えている方に最適のパッケージです

単品の『Ableton Live Standard』に比べて価格的に数万円の差がありますが、価格差以上の豊富なサウンドやエフェクターが収録されています。

2013年03月に登場した『Ableton Live 9 Suite』では「Max for Live」も標準で搭載されています。「Max for Live」で構築された26の新デバイスも使用することができます。

 

ここから以下に記載する記事は2009年に『Ableton Suite 8』が登場したときに作成した記事です。2013年にリリースされた『Ableton Live 9 Suite』の記事は含んでいませんので注意して下さい。

 

Ableton インストゥルメント

2009年に登場したバージョン 8の『Ableton Suite』に付属する「Ableton インストゥルメント」には、様々なシンセサイザーとサンプルベースのインストゥルメントがパッケージされています。

  • サンプリング・インストゥルメント「Sampler」
  • 周波数モジュレーション・シンセサイザー「Operator」
  • エレクトリック・ピアノのサウンドを再現する「Electric」
  • ビンテージ・アナログ・シンセサイザーをエミュレートする「Analog」
  • フィジカルモデリング・ストリング・シンセサイザー「Tension」
  • ドラムマシンのコレクション「Drum Machines」
  • アコースティック/エレクトリック・ピアノ、ギター、ベース、ドラム、オーケストラ楽器などが収録されている「Essential Instrument Collection 2」
  • アコースティック・ドラムのライブラリ「Session Drums」などがパッケージされています。

新たに『Ableton Suite 8』では、本物に忠実なマレットサウンドとクリエイティブなパーカッションサウンドを生み出す「Collision」と、アコースティック・パーカッション楽器のコレクション「Latin Percussion」の2つの新しいインストゥルメントが加わりました。

Ableton Suite 8のライブラリ

1,600を超える表現力豊かなサウンドが収められたニューバージョン『Ableton Suite 8』のライブラリは、クリエイティブ・プロフェッショナルが念頭に置かれた、とてもバランスの取れている総合ツールです。

ライブラリは「シンセ」「実在するSound Objects(サウンドオブジェクト)」「プリセット」「グルーヴ」「テンプレート」「美しいサウンドの数々」が統合されています。

Ableton Suiteの詳細スペック

Liveシリーズの最上位版にあたるコンプリート・パッケージ『Ableton Suite(エイブルトン スイート)』の詳細スペック、新バージョンの情報、価格情報などに興味のある方は、以下のリンク先の「Ableton Live Suiteの詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。


 



Ableton Live シリーズ TOPページ

Ableton Live Suite | DTM・DAWソフト比較ナビ(更新日:2016年11月29日)

▲ページトップ