Cubase8の使い方

〜DTM・DAWのガイドブック〜

Cubase Pro 8 攻略BOOK

定番の攻略BOOKシリーズ

Cubase Pro 8 攻略BOOK

サウンドデザイナーから2015年01月に発刊された『Cubase Pro 8 攻略BOOK』は、はじめてCubaseを使って音楽制作をしようとしている人にも分かりやすく、Cubaseを使った曲作りのノウハウを解説している『Cubase 8』の解説書です。

ソフトのインストール方法からはじまり、「オーディオインターフェイス/MIDIキーボードのセットアップ」「各種ウィンドウやエディターの使い方」「ギターやボーカルのレコーディング/オーディオ編集」「MIDIのレコーディング/MIDIの編集」「ミックスダウンの方法」など、Cubase 8の基本的な使い方は、このガイドブックがあればマスターすることができます。

コードトラックや、作曲を支援する機能の使い方であったり、「VOCALOID Editor for Cubase」の活用法なども『Cubase Pro 8 攻略BOOK』のなかで解説されています。

また、バージョン8で搭載された「VST Bass Amp」を使ったベース録音、新ライブラリ「Acoustic Agent」のドラムパターン入力法、複数トラックを一括コントロール可能な「VCAフェーダー」などの新機能の使い方も、しっかりと紹介されています。

書籍のタイトルはCubase Pro 8 攻略となっていますが、最上位版のCubase Pro 8だけでなく、Cubase Artist 8、Cubase 7/7.5ユーザーでも大丈夫な内容となっています。

DAWソフトの定番の攻略BOOKシリーズですが、とうとう定価が4,000円をオーバーと、旧バージョンのユーザーには、やはり高額な感じがします。

ただ、はじめてCubaseを使うユーザーにはCubaseの基本的な使い方を無理なくマスターすることができるガイドブックなので、持っていても損はないと思います。

書籍の内容:Cubase Pro 8 攻略BOOK

■Cubase Pro 8の新機能&概要
■Cubase Pro 8の使い方
■インストール&機材の準備
■オーディオのレコーディング
■オーディオの編集
■MIDIのレコーディング
■MIDIの編集
■コードトラック&作曲を支援する機能
■ミックスダウンを行なう
■コードトラック&作曲を支援する機能
■Cubase Pro 8をさらに使いこなす
■便利なショートカットの使い方
■Cubase Pro 8付属プラグインの紹介

 

このページで紹介している『Cubase Pro 8 攻略BOOK』の、さらに詳しい情報や価格情報は以下でチェックして下さい。


 
 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




Cubaseのガイド・アイテム

Cubase Pro 8 攻略BOOK(公開日:2015年05月14日)

▲ページトップ