Vintage Tube Compressor/Limiter model 670

〜IK Multimediaのプラグイン・エフェクト〜

IK Multimedia「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」は、伝説的なコンレッサー/リミッター「Fairchild 670」を忠実にモデリングしたT-RackS プラグインです。

Vintage Tube Compressorの特徴

T-RackS 5「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」

アナログコンプの持つ暖かさと太さ

コンプレッサー「Vintage Tube Compressor model 670」は、1dBや2dB程度の圧縮でも、アナログコンプの持つ暖かさと太さを得ることができます。

実機の「Fairchild 670」と同様に、単一トラックやバストラックでのミキシング時に使用しても良いですし、マスタリング時のメインコンプとしても活躍します。

Vintage Tube Compressorをプリアンプとして使用

スレッショルドを「0」に設定するとコンプが掛からなくなりますが、「Fairchild 670」はスレッショルドを「0」で、プリアンプとして使用することも多いです。

その理由はコンプ効果はなくても通すだけで「Fairchild 670」の音になるからです。「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」もインサートして音を通すだけで、「Fairchild 670」を通したかのような独自のアナログ音を得ることが可能です。

Vintage Tube Compressorの使い方

Vintage Tube Compressorの主要コントローラー

T-RackS 5「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」画像2

AGC:コンプレッサー・チャンネルモードを設定。リンクされたステレオ操作は「LINK」(両方のチャンネルは入力ゲインを除いて同じ設定になります。)。リンクされていないステレオ操作の場合は「Left/Right」に設定します。

最もわかりにくい「Lat/Vert」ですが「Lat/Vert」に設定すると、センター(Lat)とサイド(Vert)を分けて個別に処理することができます。(M/S処理)

LEFT-LAT/RIGHT-VERT:コンプの比率とニーの幅をコントロールするDC スレッショルド。

LEFT-LAT TIME CONSTANT/RIGHT-VERT TIME CONSTANT:コンプレッサーのリリースタイム(アタックタイム)を設定。ノブ位置1から4は、クイックからスローまでのリリースタイム、ノブ位置5と6はリリースタイムが「Auto」となります。実機での基本設定は3とされています。

実機「Fairchild 670」同様に「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」はアタックタイムとリリースタイムを個別に設定することができません。

LEFT CHANNEL INPUT GAIN/RIGHT CHANNEL INPUT GAIN:コンプレッサー入力ゲインを設定。

LEFT-LAT THRESHOLD/RIGHT-VERT THRESHOLD:スレッショルドの設定。

ミックス&マスタリング時のVintage Tube Compressor

単一トラックでVintage Tube Compressorを使用

ミックス時にボーカル、ギター、ベース、ピアノ、ストリングスなど、どのトラックに挿しても、音楽的で良い感じになります。まずは5〜6 dBの圧縮で試してみることがオススメです。

ボーカルトラックは、TIME CONSTANT 1で、5 dBを圧縮すると、あまりコンプ感を出さずに、より安定したしっかりしたボーカルトラックになります。

ドラムトラックでVintage Tube Compressorを使用

はドラムのバストラックに「Vintage Tube Compressor model 670」をインサートして「Lat / Vertモード」で使用すると、より自然な良い結果を得ることができます。

マスタリングでVintage Tube Compressorを使用

T-RackS 5「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」画像3

IK「Vintage Tube Compressor model 670」はマスタリングでも非常に優秀なコンプレッサーの働きをします。

マスタリング時に強く2ミックスを圧縮することも可能ですが、TIME CONSTANTを5に設定したゲインリダクションが 1 〜 2.5dBのコンプ設定だと、サウンドが圧縮されている感じはなくミックスが接着されます。

尚、マスタリングでは「Link モード」か「Lat / Vert モード」で「Vintage Tube Compressor model 670」を使用する必要があります。

 

Vintage Tube Compressor/Limiter model 670を収録する製品

単品でも「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」は購入することができますが、上位版「T-RackS 5 Deluxe(計22モジュール)」、最上位版「T-RackS 5 MAX(計38モジュール)」にも収録されます。

また「Total Studio 2 Deluxe」と「Total Studio 2 MAX」にも「Vintage Tube Compressor/Limiter model 670」は収録されますので、キャンペーン時にバンドル版の購入をオススメします。

 



BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 9 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




T-RackS シリーズの特徴 TOP

Vintage Tube Compressor/Limiter model 670の特徴と使い方(公開日:2020年02月19日)

▲ページトップ