SONY MDR-CD900ST

〜DTM用スタジオモニター・ヘッドホン・セレクト〜

誰もが必ずたどりつくというより、避けては通れないのがSONY『MDR-CD900ST』だと思います。それくらいプロ・アマ問わずに定番中の定番ヘッドホンで、スタジオモニター・ヘッドホンの基準になっています。

個人的には最も信頼していて仕事で10年以上使用していますが、自宅スタジオで使用しているアマチュアの人が多いために、同時にナンセンス的な批判も多いヘッドホンです。

SONY MDR-CD900STの特徴

スタジオモニター・ヘッドホンの定番

SONY『MDR-CD900ST』

プロが求めるクオリティと耐久性を徹底的に追及して、SONYとソニー・ミュージックエンタテインメントの共同開発により『MDR-CD900ST』は1989年に登場しました。

登場以来20年以上も、プロのサウンド・エンジニアやミュージシャンから高い信頼と評価を受けているスタジオモニター・ヘッドホンです。

この『MDR-CD900ST』を、もっとも評価すべき点は「原音イメージの再現性」です。至るところで言われている通りに、音はクリアで明確ですが、非常に耳が疲れるので、心地良い音を求めている人には向きません。

ミックス以降の作業のときの使用で書いておくと、個人的には、耳につくところやノイズに対して「ここチェックしなきゃ駄目だよ!」と正確に教えてくれるのが『MDR-CD900ST』だと思っています。

リスニング用途も兼ねるなら『MDR-7506』

はじめてのスタジオヘッドホンで、リスニング用途も兼ねるのであればSONY『MDR-7506』のほうが良いと思いますが、SONYにこだわらないで、一万円台のヘッドホンを探しているのであれば、モニター用としても使えるAKG『K240MKII』やAudio-Technica『ATH-SX1a』あたりの「はじめてのDTM用ヘッドホン」で紹介しているヘッドホンを視野に入れることをオススメします。

現在はミックスダウンで使用している人もたくさんいますが、まず頭に入れておいて欲しいのは『MDR-CD900ST』は「自宅スタジオで完パケまで作る」という考えはまったくなかった時代に登場したヘッドホンということです。

マスタリング・プラグインのWAVES L3のページでも書きましたが、1990年代後半から2000年代中盤くらいまではリリースされている楽曲は背景には音圧競争がありました。そのため『MDR-CD900ST』で聴くと耳が痛くなる楽曲も、かなり多いです。

2014年にTM NETWORK『DRESS2』がリリースされましたが、『DRESS1』は1989年にリリースされています。まだレコードやカセットテープも店に置かれていた、1989年あたりにリリースされて、リマスターされていない当時のままのCDを聴いてみると『MDR-CD900ST』が定番になった理由が分かると思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

2MIX向上の処方箋



はじめてのDTM用モニターヘッドホン | DAWスタイル・セレクト TOP

MDR-CD900ST ナビ | おすすめDTMモニターヘッドホンの比較(公開日:2016年05月26日)
▲ページトップ