Audio-Technica ATH-SX1a

〜DTM用スタジオモニター・ヘッドホン・セレクト〜

ATH-SX1aの特徴

価格の落ちたスタジオモニター・ヘッドホン

Audio-Technica『ATH-SX1a』

2008年にリリースされた『ATH-SX1a』は1996年に発売されたAudio-Technicaのプロ仕様のスタジオモニター・ヘッドホン『ATH-SX1a』の後継モデルです。

主な『ATH-SX1a』の特徴は「解像度が高いフラットな音質」「安定したステレオ感と定位感」「本体が軽い」「耐久性がある」などです。

また、モニター用のスタジオヘッドホンなのですが、音が耳に痛くないので、リスニングにも使うこともできます。

宅録環境だと、長時間の作業も可能で、マスタリング作業時にも戦力になってくれるというのもポイントが高いです。

発売時よりも2014年時点で一万円以上安くなっているので非常に買いだと思うことも、はじめてのDTM用ヘッドホンとして『ATH-SX1a』をオススメする理由です。

 
 

『ATH-M50』と『MDR-CD900ST』

2014年に登場した後継モデルの『ATH-M50x』のほうはチェックしていませんが、海外で高評価を得ている『ATH-M50』に関して書いておくと、リスニングには良い感じなのですが、音がスタジオモニターという感じがしないので、個人的にはメインのモニター用ヘッドホンとしては厳しいという見解です。

もうひとつ書いておくと、絶賛と同時に批判もある同じ国産の定番SONYの『MDR-CD900ST』の購入に不安がある人は、同価格帯になった『ATH-SX1a』は、リスニングにも使用することができますので「失敗した」と思うことは少ないと思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




はじめてのDTM用モニターヘッドホン | DAWスタイル・セレクト TOP

ATH-SX1a ナビ | おすすめDTMモニターヘッドホンの比較(公開日:2016年05月27日)
▲ページトップ