Jam Pack

〜Appleの追加音源パッケージ〜

Jam Packの特徴

Apple Loop・ソフトシンセ・エフェクター

Jam Pack

Jam Packは『GarageBand』用の追加音源パッケージです。『GarageBand』だけでなく、『Logicシリーズ』でも使用することもできます。

1,000を超えるApple Loop、数十種類のソフトシンセ、豊富なエフェクトが『Jam Pack』には収録されています。

追加音源『Jam Pack』のタイトルは「Rhythm Section」「Remix Tools」「Voices」「World Music」「Symphony Orchestra」などです。

 

<2017年追記>
現在『Jam Pack』は単体販売されていません。その代わり「Logic Pro X」と「MainStage 3」のいずれかのユーザーは『JamPack』を無料ダウンロードすることができますので金額的にかなりお得です。

Apple Jam Pack 当時1タイトル1万円くらいで販売されていたので、約7万円がオマケみたいな扱いになっています。

一番お得なのは「MainStage」手に入れることですが、後々「Logic Pro」を導入する予定のある人は、『JamPack』を目当てに「MainStage」を購入する意味はありません。

尚、Apple Loops は「/ライブラリ/Audio/Apple Loops/Apple」にインストールされます。

 

<2014年追記>

このページ紹介している追加音源パッケージ『Jam Pack』はMac用です。iOS用の300種類のギター、ベース、シンセサイザー、ドラムのループが入った限定コレクション「GarageBand RED Loop Pack」に関しては、以下の「iOS用GarageBandの詳細」で確認して下さい。

2014年12月07日までの期間限定で「GarageBand 2.0.5」のApp内課金で「RED Loop Pack」は購入することができました。


 

低価格ながらしっかりしている

Rhythm Section

わたしも『GarageBand』が登場した当初に、試しにと言ったら変ですが「Jam Pack 3 Rhythm Section」を購入してみましたが、低価格ながら「ドラムキット」「ベース」「ギター」のインストゥルメント部分はかなりしっかりしています。Apple Loopのクオリティーもなかなかのものでした。

音色数は単体のソフトシンセのパッケージに比べると少ないですが、サンプリングCDが主流の時代から音楽制作をしていたわたしからすると、かなりお得音源パッケージであると感じました。

 

初心者の方に向けてミックスダウンとマスタリングの作業を解説しているWEBマガジン『ミックスダウン & マスタリングのコツとテクニック』の講座用の楽曲に「Rhythm Section」のソフトシンセ部分の一部を音源として使用しています。

詳しくは「ソフトシンセ | ミックスダウン & マスタリングに使用したツール」を参照して下さい。

 

GarageBand Jam Packの各パッケージ

Voices

Voices

ボーカル・ループと各種のボイス・インスツルメントが含まれた「GarageBand Jam Pack : Voices」には、さまざまなジャンル、スタイルのプロのソロシンガー、コーラスのロイヤリティフリーのApple Loopが1,500以上収録されています。

Apple Loop以外にもボーカル、声楽アンサンブル、人の声や体の音を利用した驚きのドラムキットをはじめ、20を超えるソフトシンセも「Voices」には収録されています。

 

Rhythm Section

Rhythm Section

リズムトラック作成用「GarageBand Jam Pack 3 : Rhythm Section」には「ロック」「フォーク」「ジャズ」「カントリー」「ブルース」などあらゆるジャンルのさまざまな「ドラム」「パーカッション」「ベース」「ギター」のApple Loopが2,000以上収録されています。

また「Rhythm Section」には、演奏可能な10種類の弦楽器、10種類のベース、10種類のドラムキットなどのソフトシンセも用意されています。

 

World Music

World Music

3,000を超えるApple Loopと40以上のソフトシンセを「GarageBand Jam Pack : World Music」は収録しています。

内容は世界中で録音された「ワールドループ」「民族色豊かなパーカッション」「エキゾチックな弦楽器音」「木製の民族打楽器」など、トータル12GBを超えるサウンドです。

 

Remix Tools

Remix Tools

ヒップホップ、R&B、テクノ、トランス、エレクトロニカなどあらゆるダンスミュージックに最適なのが「GarageBand Jam Pack 2 : Remix Tools」です。

「ビートキット」「サウンドエフェクト」「シンセ音」「ローランドのクラシックドラムマシンのリズム」が収録されています。

時代を越えて愛されているお馴染みのRoland TR-808およびTR-909の本物のサウンドを使ったビンテージビートなども収録されています。

 

Symphony Orchestra

Symphony Orchestra

オーケストラ用の2,000を超えるさまざまなスタイルとテンポの録音済みApple Loopと弦楽器、金管楽器、木管楽器、パーカッション、ピアノなど、さまざまなソフトシンセを「GarageBand Jam Pack 4 : Symphony Orchestra」は収録しています。

クラシック、ハリウッドスタイルの音楽から、ロック、ヒップホップ調まで、さまざまなジャンルの楽曲で「Symphony Orchestra」は使用することができます。


 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




GarageBand TOPページ

GarageBand Jam Pack | Appleの追加音源パッケージ(更新日:2017年01月27日)

▲ページトップ