ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本

〜オススメDTM・DAWのガイド・アイテム〜

ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本

3タイプの曲で必修テクニックを完全網羅

ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本

サウンドエンジニアの早乙女 正雄 さん著のDVD-ROM2枚付きの『ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本』は3タイプの曲でミックスの必修テクニックを学ぶことのできる2013年06月に発刊されたミキシング・ガイドブックです。

272ページありますので、読み応えがあるだけでなく、書籍に付属しているDVD-ROMに収録した3曲分のマルチトラックを参考にしながら、ミックスダウン作業を学ぶことができます。

一番の悩みどころである「キック&ベースの処理」「ボーカル処理」「EQ&コンプレッサー」もしっかりと解説されています。

ミックス後の『Pro Tools 10』ファイルもDSIC 2には収録されているので、ミキシング作業のポイントも明確につかむことが可能です。

電子書籍版も『ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本』は発売されていて、DVD-ROMに収録されているサウンドファイル等は専用サイトからダウンロードすることができます

ミックスの実演がされている3曲

本書『ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本』で実演されているのは「ポップス」「R&B」「ロック」の3曲です。

歌を聴かせるためのベーシックな手法をPART 1の「ポップス」では学ぶことができ、PART 2ではキックとベースのサウンド作りが最大の鍵である「R&B」のミックスを、PART 3では「ロック」では歪んだギターを核としたシンプル・サウンドのミックスを学ぶことができます。

3曲の解説が終わると中上級者に向けたステップ・アップのアイディアも紹介されています。本書のPART 1〜 3では、ProTools標準搭載のプラグインを使用してミックスしていますが、ステップ・アップのアイディアでは「TrueVerb」「DeEsser」「R-Comp」「REQ」などWAVESプラグインを使用したミックス例も紹介されています。

 

イントロダクションの「ミックス・ダウンの基礎知識」で基礎も解説されていますので、もちろん初級者から中級者にも早乙女 正雄 さんの『ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本』はオススメできる本です。

中級者から上級者でも、ボーカル処理では、かなり大胆に感じるイコライジングなども行なわれていますので、ミックスダウンをマスターしている人でも役立つ内容が非常に多いと思います。


 
 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




DTM・DAWの解説本 TOP

ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本 | オススメDTM・DAW本(公開日:2016年08月01日)
▲ページトップ