STEINBERG

〜オーディオ・インターフェイスの比較〜

はじめて購入したオーディオ・インターフェイスがSeinberg(スタインバーグ)という人も多いと思いますが、Seinbergの『UR シリーズ』にはCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版が付属します。

このページではSeinbergのオーディオ I/Fの特徴&ラインナップと、それぞれのDTMレベルに合わせたオススメ製品を紹介します。


SeinbergのオーディオI/Fの特徴

UR シリーズのラインナップ

UR シリーズ

2017年時点でのSeinbergのオーディオ・インターフェイスのラインナップは「UR12」「UR22mkI」「UR242」「UR44」「UR28M」「UR824」の6モデルです。

DSPが内蔵する「UR242」「UR44」「UR28M」「UR824」はマイクから入力された音を「dspMixFx」で直接エフェクト処理するので、低レイテンシーでパソコンに負荷をかけずに録音することができます。

エントリーモデルから上級者向けモデルまである『UR シリーズ』は、すべてUSB オーディオ・インターフェイスで、FireWire オーディオインターフェイス『MR シリーズ』は現在は生産完了となっています。

また、『UR シリーズ』の他にも、シンプルなUSB オーディオ・インターフェイス『CI シリーズ』がありましたが、『CI シリーズ』も生産完了となっています。


Cubase AIをバンドル

基礎からわかるCubase AI 9/LE 9

1万円台前半から購入することのできるエントリーモデルの「UR12」と「UR22mkI」はベストセラーモデルとなっていますが、その大きな人気の理由は「Cubase AI」の最新バージョンがバンドルすることです。

現在の最新バージョンの「Cubase AI 9」は『Cubase シリーズ』の特別バージョンではありますが、最大32オーディオトラック/48MIDI トラックの音楽制作が可能な優れたDAWソフトです。

Cubaseのオススメポイントのひとつでもある、バージョン 7で搭載されたコードトラックも「Cubase AI 9」で使用することができます。

実際にDAWを使いこなせるかどうかがわからないという人もいると思いますが、「基礎からわかるCubase AI 9/LE 9 〜コードトラックや付属ループでカンタン音楽づくり」など手助けになる解説本も発売されています。


iPadでも使うことができる

Steinbergのオーディオ/MIDI インターフェース『UR シリーズ』はiPad に対応しています。

MIPA2017を受賞した直感的な操作感が魅力のiPad用音楽制作アプリ『Cubasis』の機能限定版の「Cubasis LE」が無償で付属します。

最大トラック数はオーディオトラック 4、 MIDI トラック 4とフルバージョンに比べると、かなり物足りないですが、録音から編集、ミックスまで「Cubasis LE」でもできてしまいます。

尚、URユーザーはフルバージョンの『Cubasis 2』へ割引価格で購入することができます。


 

オススメのURシリーズ

エントリーモデル「UR12」「UR22mkII」

UR12&UR22mkII

コンパクトな「UR12」と、ベストセラーの「UR22mkII」はエントリーユーザー向けのUSB 2.0 オーディオ/MIDI インターフェイスです。

入出力合計2イン/2アウトで24-bit/192kHzにも対応している「UR12」と「UR22mkII」にはファンタム電源も搭載されていますのでコンデンサーマイクを使用した録音も可能です。

リアにはMIDI 入出力を搭載しているため、シンセなどのMIDI楽器を接続し、音楽制作の環境を構築することができます。

フロントパネルは見た目がそっくなので、機能の違いがわかりにくいかもしれませんが、「UR12」はマイクプリアンプ D-PRE を1つ搭載に対して「UR22mkII」はD-PRE対応のマイクプリを2つ搭載しています。


 

<VOCALOID Starter Kit VY1V4>

オーディオインターフェイス「UR12」にDAWソフト「Cubase AI 9」と、YAMAHAのVOCALOID 4 歌声ライブラリ、VOCALOID エディター「VOCALOID Editor for Cubase」がワンパッケージになったのが『VOCALOID Starter Kit VY1V4』です。


<UR22mkII Recording Pack>

オーディオ・インターフェース「UR22mkII」に、DAWソフト「Cubase AI」、波形編集ソフト「WaveLab LE」、スタジオモニター・ヘッドホン「ST-H01」、スタジオ・コンデンサーマイク「ST-M01」をバンドルしたパッケージがお得な「UR22mkII Recording Pack」です。


 

DSP搭載「UR242」「UR44」「UR824」「UR28M」

dspMixFx

4イン/2アウト「UR242」、6イン/4アウト「UR44」、24イン/24 アウト「UR824」のラックタイプと、デスクトップタイプの6イン/8アウト「UR28M」はDSP機能を搭載しています。

マイクから入力された音を「dspMixFx」で直接エフェクト処理するため低レイテンシーでヘッドホン・モニターに出力され、録音される音もエフェクトのかかった状態でパソコンに負荷をかけず録音ができます。

「Guitar Amp Classics」「REV-X」「Sweet Spot Morphing Channel Strip」の3種類のエフェクターが「dspMixFx」には搭載されていますが、DSP機能を搭載する『UR シリーズ』にはDSPエフェクトのVST3 プラグイン版である「Basic FX Suite」も付属します。

「dspMixFx」と「Basic FX Suite」に搭載されるエフェクターの説明は「STEINBERGのオーディオインターフェイスに搭載するdspMixFx」でしていますので、そちらを参照して下さい。

宅録スタジオの核となるオーディオ・インターフェイスは、長く使用するもので、一度購入すると頻繁に買い替えるものではありません。

オーディオ・インターフェイスを使用して数多くのボーカルや楽器のレコーディングをすることになりますが、内蔵DSPによる、低レイテンシーでのモニタリングとエフェクト処理は戦力です。

はじめの頃は気にならなくてもレコーディング時のレイテンシー問題は、必ず気になってきます。

「UR242」なら数千円の違いですので、エントリーモデル「UR12」「UR22mkII」よりも、可能ならDSP機能モデルをオススメします。


 

<Cubase Pro Recording Pack>

Cubase Pro 9 とオーディオインターフェイス「UR44」をセットにした『Cubase Pro Recording Pack』もあります。


 

プロ仕様「UR824」

UR824

24-bit/192 kHz 対応の「UR824」はアナログ8イン8アウト、Class A ディスクリートマイクプリアンプ D-PRE 8基、ADAT 光入出力 2系統によるデジタル16イン16アウトのプロスペックのUSB 2.0 オーディオインターフェイスです。


 

<Cubase Pro Producer Pack>
UR シリーズの最上位モデルとなるプロ仕様「UR824」には、最上位版「Cubase Pro 9」がセットになったお得な『Cubase Pro Producer Pack』もあります。


 
 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




オーディオ・インターフェイス比較ナビ TOP

Steinbergのオーディオ・インターフェイス(公開日:2017年08月17日)

▲ページトップ