MIPA2013 スタジオ・モニター

〜DTM・DAWの宅録スピーカー選び〜

2013年 MIPAスタジオモニター・スピーカー

ADAM Audio『F7』が最優秀賞

mipa2013 スタジオモニター部門『ADAM F7』

Mipa award 2013のスタジオモニター部門にノミネートされた3つのスピーカーはADAM Audio『F7』、Focal『SM9』、PMC『TwoTwo』で、価格の幅がかなりあります。

そんななか、最優秀スタジオモニターに選ばれたのは、現在『A7X』が定番モニターとなっているADAM Audio『F7』です。

この、ADAM Audio『F7』は国内でもペアで6万円前後と、非常にコストパフォーマンスに優れている久々に紹介しがいのあるモニターです。

この価格帯のスタジオモニター・スピーカーが最優秀賞を取るのは、このサイトでMIPAをチェックし始めてから初めてだと思います。

そんなこともあり、このサイトでもコストパフォーマンスの高く、トータルバランスの良い『ADAM Fシリーズ』の解説ページを公開しました。国内で発売が開始になったのは2013年01月ですが、今後『ADAM F7』の注目度は高くなると思います。

 

Focal『SM9』とPMC『TwoTwo』がノミネート

尚、同スタジオモニター部門に、この年に他にノミネートされていたFocal『SM9』PMC『TwoTwo』ですが、非常に高額です。

前年、最優秀スタジオモニターに選ばれたFocal『SM9』は2011年から3年連続で同部門に顔を出していますが、ペアで80万円を越えるため、一般的な宅録スタジオへ導入する方は稀でしょう。

また、2014年03月時点でのPMC『TwoTwo シリーズ』のラインナップは「twotwo.5」「twotwo6」「twotwo.8」ですが、国内主要ショップでの取扱いは確認できていないだけでなく、オススメするには情報が少なすぎます。


 



MIPAアワード受賞のスタジオ・モニター TOP

MIPA2013 スタジオ・モニター | DTM・DAWスピーカー選び(更新日:2014年03月08日)

▲ページトップ