WAVES L2

〜失敗しないマスタリング・プラグイン選び〜

L2 Ultramaximizerの特徴

音圧競争の終焉に光を見せた WAVES L2

WAVES L2

WAVESのマキシマイザー『L2 Ultramaximizer』の登場により、マスタリング作業のときの「レベル上げ」や「音圧調整」に関しては解放された人も少なくないと思います。

Mac OS9時代の『DP3』くらいのときに『WAVES L2』と『Sonnox Inflator』などを、わたし自身も、よく使用していた記憶が残っています。

L2 Ultramaximizerは、一般的なオーディオ信号の平均信号レベルを大幅に増加することが可能で、2MIXの音質や音楽性を壊すことなく、音圧を稼ぐことができます。

極端なリミッティングもビンテージなダイナミクス処理エフェクトとしても同じように高い能力を誇ります。ARC(Auto Relase Control)により本当に誰でも手軽に音圧を稼げます。

WAVES L2の今

現在はファイナル・プラグインとして使用する人は、あまりいないかもしれませんが、ミックス時の原型を壊すことのないクリアな音質の『WAVES L2』は、『Oxford Inflator』と同様に今でも多くの人に愛用されているプラグインです。

音がナチュラルなので、わたしもマスタリング時の2段掛けの最初のリミッターとして、L2を現在も使用することがあります。

 

L2を収録しているWAVESバンドル

Grand Masters Collection

マキシマイザー『L2 Ultramaximizer』が収録されているWAVESバンドルで一番安いのは『MASTERS』です。『MASTERS』には「L2 Ultramaximizer」のほかに、5バンド独立でコンプ、EQ、リミッティングができる「Linear Phase Multiband」と、6バンドのマスタリング用のEQ「Linear Phase Equalizer」が同梱しています。

ただ価格の割には時代遅れですので、L2にこだわるのであれば、L316、L3などの5種類の「L3シリーズ」やリニアフェイズEQも収録されているマスタリング・ツールセット『Grand Masters Collection』がオススメです。

また10万円を切っているときは定番の『Platinum Bundle』『Diamond Bundle』もオススメです。

簡単にMS処理ができる「Waves Center」やビンテージ・ハードウェアの銘機を再現できるコンプやEQも『Grand Masters Collection』には収録されています。

またマキシマイザー『L2 Ultramaximizer』は『Horizon』『Mercury』にもバンドルされています。

ここで紹介しているL2を収録しているバンドルの価格情報は以下の「WAVES プラグイン・エフェクトの詳細&価格情報」で紹介していますので、興味のある人は参考にして下さい。


 

2MIX向上の処方箋

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド



WAVESのマキシマイザー TOP

WAVES L2の特徴 | マスタリング用エフェクターの比較(公開日:2016年06月28日)
▲ページトップ