Greg Wells Signature Series

〜WAVESのプラグイン・エフェクト〜

Greg Wells Signatureの特徴

簡単操作で即戦力

Greg Wells Signature Series

グラミー賞ノミネート・プロデューサー/エンジニアであるグレッグ・ウェルズ(Greg Wells)とWAVESの共同作業により開発された『Greg Wells Signature Series』には「MixCentric」「VoiceCentric」「PianoCentric」「ToneCentric」の4つのプラグインが収録されています。

収録される4つのシグネチャー・プラグインに共通するその特徴は、どのモデルも音を聞きながら基本的にはノブひとつを上げ下げするだけの簡単操作で、即戦力となる世界トップクラスの「使えるサウンド」を手に入れることができるところです。

グレッグ・ウェルズ自身が語っているように、ノブを回すだけの操作ですが、EQ、コンプをはじめ数々の処理が行われていますので、ノブの位置によってサウンドの結果が大きく変わって来ます。

「Greg Wells ToneCentric」は未使用ですが『Greg Wells Signature Series』に収録される「MixCentric」「VoiceCentric」「PianoCentric」はかなり使えます。また『Mercury』にも収録されています。

 

Greg Wells Signatureの収録プラグイン

Greg Wells MixCentric -2MIXに最適-

Greg Wells MixCentric

ミックスのサウンドカラーを整えて磨き上げてくれるプラグイン「Greg Wells MixCentric」は、納期まで時間が短いときや、個人が有料のオンライン配信をするときなどに非常に役立ってくれます。

わたしも「MixCentric」を使用するときがありますが、音を聞きながらノブの位置を調整するだけで、明らかに音の質感が良い感じに変わります。

ソングライターがミックスやマスタリングに時間を掛け過ぎるのは、わたしは推奨していませんので、簡単操作で最後の仕上げをしてくれクオリティーを上げてくれる「MixCentric」のようなプラグインは大歓迎です。

マスターバスにインサートするときに「MixCentric」→「EQ(M/S処理対応)」→「ファイナル・リミッター(L3シリーズのような)」の順でインサートすれば、誰が聞いても恥ずかしくないそれなりの質感を2ミックスに出すことができます。

注意点として元々のミックスのバランスが悪いと言うまでもなく「MixCentric」を立ち上げても効果はありません。ただしミックスの悪い点は気づけると思います。

 

Greg Wells VoiceCentric -ボーカル用-

Greg Wells VoiceCentric

ボーカルのサウンドメイクはコンプ、EQ,ディレイ、リバーブ、デュエッサーなど時間が掛かりますが、ボーカル用プラグイン「Greg Wells VoiceCentric」を立ち上げれば、苦労せずにスタジオでしか実現することができないと言われているボーカル・トラックを作ることができます。

Intensityノブがメイン・コントローラーで、ノブを調整することにより、2つの異なるコンプレッサーとEQの処理がボーカル・トラックに施されます。

メインのIntensityノブの操作だけでも、一目瞭然の音になりますが、ノブ右側にはグレッグ・ウェルズによりカスタマイズされたDelay、Doubler、Reverbの追加コントローラーもあります。

そのため「VoiceCentric」とは別にデュエッサーを立ち上げて、耳につくところを抑えてあげれば、短時間で納得のゆくボーカルトラックが仕上がります。

ただし、オケとのバランスがありますので、「VoiceCentric」とは別に調整用のEQは立ち上げたほうが良いです。

 

Greg Wells PianoCentric -ピアノ用-

Greg Wells PianoCentric

アコースティックピアノと一括りにしてもサウンドキャラがバリエーションに富んでいて周波数レンジも広いので、ピアノは想像以上に別のトラックと馴染ませるのが難しいです。

ピアノに特化したプラグインというのは、今までに記憶にありませんが「PianoCentric」は、簡単にピアノ・ミックスを完成させることのできるプラグインです。

30年の経験を持つグレッグ・ウェルズの使えるピアノサウンドを作り上げるためのテクニックが「PianoCentric」にすべて詰まっています。

この「PianoCentric」はシンプルなインターフェースですが「抜けの良いパンチ感のあるピアノ」と「ローファイでクランチ感もあるピアノ」の二つの異なる方向性を持っていて、ノブ右側にはDelay、Doublerの追加コントローラーもあります。

 

Greg Wells ToneCentric

Greg Wells ToneCentric

新たにラインナップされたハーモニック・エンハンサー「Greg Wells ToneCentric」はグレッグ・ウェルズが所有するビンテージコンプ、テープマシン、真空管コンソールなどのアナログ機材をベースに最大に活用したプラグインです。

アナログ機材が持つ豊かな音の質感を再現することのできる「ToneCentric」は高域から低域まで伸びのある倍音感を加えることができます。

 

WAVES『Greg Wells Signature Series』は個人的にお気に入りでオススメです。詳細や価格情報は以下の「Greg Wells Signature Seriesの詳細&価格情報」で確認して下さい。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




WAVESのガイド TOP

Greg Wells Signatureの特徴 | WAVESプラグイン・ガイド(公開日:2016年10月31日)
▲ページトップ