FOSTEX PA-2

〜失敗しないDTM・DAWの宅録スピーカー選び〜

FOSTEX スピーカー PA-2

PM0.4nとPA-2の違い

FOSTEX『PA-2』

2011年に発売が開始されたFOSTEX(フォステクス)のアクティブスピーカー『PA-2』はカタログのスペック表で見る限り、エントリーユーザーを中心にDTM定番となっているモニタースピーカー『PM0.4n』と「スピーカー部」「アンプ部」「外形寸法」「本体質量」などの仕様がまったく同じです。

ボディーカラー以外の違いといえば『PA-2』はペア販売品であること、左右2つのスピーカーのボリュームを手元で一括調整するコントローラーが付属、左右のスピーカーの電源を一括でON/OFFできる電源タップを付属しているところなどです。

ユーザーの視点に立って代弁させてもらうと、正直まぎらわしいのですが、想定できるのは、モニタースピーカーとしてだけでなく、PCオーディオ用のアクティブスピーカーとしても『PM0.4n』は評価されていますので、販売戦略上のものではないでしょうか?

基本的には同じスピーカー

どうしても『PM0.4n』はDTM用モニタースピーカーというのが先頭に来ますので、PCオーディオ、メディアプレーヤー、ホームシネマ用のアクティブスピーカーを探している人たちをターゲットに『PA-2』は発売されたのだと思います。

FOSTEXは『PM0.4n』がモニタースピーカー『PA-2』がアクティブスピーカーというのをプッシュしていますので、カタログのスペック表では見えないところでの多少の違いはあるかもしれませんが、基本的には『PM0.4n』と『PA-2』の二つは同じスピーカーです。

ユーザーに伝える努力

FOSTEX『PA-2 Pink』

スピーカー技術という点ではFOSTEXは本当に素晴らしいのですが、製品の素晴らしさをユーザーに伝える努力が少し足りない気がします。

小型パワード・モニターとして定番となった『NF-01A』のときも思いましたが、『PA-2』にしても、他のメーカーと比較すると、その点で後手気味な感じで非常にもったいないです。

姉妹スピーカーであることは分かりますが、購入を考えているユーザーは『PA-2』は『PM0.4n』と、どちらにしようか確実に悩みますので、ユーザーに分かりやすい言葉で、しっかりとメーカー側で『PA-2』と『PM0.4n』の違いの情報を出すべきです。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較



FOSTEXのスタジオモニター・スピーカー TOP

FOSTEX PA-2 | DTM・DAWスタジオ・モニターの比較(公開日:2016年06月09日)
▲ページトップ