FOSTEX NF-1A

〜失敗しないDTM・DAWの宅録スピーカー選び〜

FOSTEX スタジオモニター NF-1A

良くまとまった定番スタジオモニター・スピーカー

FOSTEX『NF-1A』画像01

2000年に登場したFOSTEX(フォステクス)の『NF-1A』は、多くの人が定番であったYAMAHA『NS-10M Studio』(テンモニ)の後継モデルを探すなかで、音はもちろん違いますが、比較的『NS-10M Studio』と近い感覚でミックスダウンの作業をすることができたこともあり、人気のあったスタジオモニター・スピーカーです。

高域に気になる点が多少ありますが『NF-1A』は「音の解像度が高く」「低域の音像も良い」ので、スタジオモニターとしての仕事をしっかりとしてくれる本当に良くまとまったスピーカーです。

出音を信じて安心して作業することができるのが大きな特徴でしたが、それだけでなく『NS-10M Studio』よりも音楽的に聴こえるのも『NF-1A』の大きな魅力でした。

リスニング用としても使えるので、サウンドエンジニアだけでなく、ミュージシャンにもスタジオモニター『NF-1A』は高く評価されました。

2013年にNF-1A 生産完了

FOSTEX『NF-1A』画像02

残念ながら『NF-1A』は2013年に生産完了となりましたが、ある程度、大きな音を出すことができる自宅スタジオでの作業だけでなく、商用スタジオのコントロール・ルームやマスタリング・ルームでの最終工程まで活躍したのではないでしょうか。

実際にプロのサウンドエンジニアの方のなかでも、プライベート環境で『NS-10M Studio』と『NF-1A』の両方のモデルを使っている方もいました。

定番スタジオモニターだったので、商用スタジオでも『NS-10M Studio』と『NF-1A』の両方のスピーカーと、SONYのヘッドホン『MDR-CD900ST』を設置しているところも見掛けました。

 

この記事を書いている時点で、もしかすると『NF-1A』の在庫が残っているかもしれませんが、宅録環境でモニタースピーカーを探している方は、他にもしっかりとしたした製品はあり、間違ったセッティングをしなければ、自宅でもミックス&マスタリングはできます。

そのため、値がつり上がっているような状況なら、『NF-1A』に手を出すのはやめたほうが良いと思います。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




FOSTEXのスタジオモニター・スピーカー TOP

FOSTEX NF-1A | DTM・DAWスタジオ・モニターの比較(公開日:2016年07月29日)
▲ページトップ