FOSTEX NF-01A

〜失敗しないDTM・DAWの宅録スピーカー選び〜

FOSTEX スタジオモニター NF-01A

NF-1Aの哲学を継承した小型パワード・モニター

FOSTEX『NF-01A』

ツイーターに『NF-1A』と同じものを採用するなど、上位モデル『NF-1A』の哲学を忠実に継承して2002年に登場したFOSTEX(フォステクス)の『NF-01A』は今までの小型パワード・モニターと比較して、高次元のリファレンス性能を生み出したスタジオモニター・スピーカーです。

このサイズのモニターとしては定位感が『NF-01A』は抜群に良いのが特徴で、多方面で評価が高かったこともあり、宅録ベースでの音楽制作をしている人のあいだでも、かなりヒットしたスタジオモニターです。

登場から年月が経ったこともあり、発売当初は7万円〜8万円台だったと思いますが、値段も2010年以降はペアで5万円台とかなり安くなっていました。

定位感が良く、小音量でも音が見える

省スペースでも『NF-01A』は使うことができ、しっかりとした作業をするには、ある程度、音を出せさければ駄目ですが、小音量でも音が良く見え、定位感が良いスタジオモニターなので、特に自宅スタジオでのレコーディングやミックスダウンには最適なスピーカーです。

サウンド的にHIに固いところがあり癖があると、よく言われていましたが、ツイーター・レベルを±3dBで調整することができますし、エイジング後は調整しなくても、ほとんど気にはなりません。

2013年 NF-01A生産完了

個人的に後にFOSTEXから登場した『NF-4A』はあまり良いモニターとは思えなかったので、『NF-4A』をセレクトするのなら、価格の落ちてきた『NF-01A』を導入することをオススメしていました。

そして現在『NF-01A』は上位モデルの『NF-1A』と同様に2013年に役割を終えて生産を完了しています。

2002年登場時は小型パワード・モニターとして、かなりの評価を受けましたが、発売から10年以上たった今ではリスニング用途にも対応する、さらに省スペースのモニタースピーカーも出てきました。

もちろん『NF-01A』は現役でも使うことができるモニターですが、宅録スタジオという限られた空間のなかで、ミックスダウンやマスタリング作業だけでなく、リスニング用途にもスピーカーを使いたいというのがユーザーの声なのかもしれません。

FOSTEX NF01R登場(2017年03月追記)

FOSTEX NF01R

NAMM2017で復活するような写真が出ていましたが、『FOSTEX NF01R』が2017年03月31日に現在の音楽制作環境も考慮した新たなモニタースピーカーとして100ペア(200台)限定で発売されます。

基本的な仕様は『NF-01A』を継承しながら、「ウーハーユニットをHP振動板からHR振動板へと変更」「サウンド・リフレクター(反射板)を廃止」「バスレフポートを新規設計」「Fostexロゴのエンブレムを高級感あるゴールド色に変更」などの改良が施されています。

実は『NF-01A』のこのページは販売完了になった後も、未だに、多くの人が閲覧に来ているページです。多分生産完了後もメーカーに再販の問い合わせが多かったのではないかと思います。尚、『NF01R』は「Rock oN Company」のみの販売となります。


 

2MIX向上の処方箋

BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド



FOSTEXのスタジオモニター・スピーカー TOP

FOSTEX NF-01A | DTM・DAWスタジオ・モニターの比較(公開日:2017年03月11日)

▲ページトップ