ProKeys Sono シリーズ

〜M-AudioのUSB - MIDIキーボード〜
ProKeys Sono写真

USBオーディオ・インターフェイスの機能を備えるM-AudioのUSB接続のMIDIキーボード『ProKeys Sono シリーズ』には61鍵盤の『ProKeys Sono 61』と88鍵盤の『ProKeys Sono 88』があります。

 

すでにM-Audio『KeyStudio 49i』は生産完了しています。M-AudioのMIDIキーボードの現行モデルは以下で確認して下さい。


ProKeys Sono シリーズの特徴

DAWシステム構築までを1台で行なう

ベロシティ・センシティブ対応のセミウエイテェッド鍵盤『ProKeys Sono シリーズ』は「MIDIキーボード」、「ピアノ・サウンド」、「GM音源」、「DAWソフト」、「USBオーディオ・インターフェイス」、「MIDIインターフェイス」を1パッケージに統合しているので、演奏からDAWシステム構築までを1台で行なうことができます。

 

オーディオ・インターフェイス機能

A.I.R

キーボード本体に搭載されるCDクオリティーの16Bit、44.1kHzの入出力2系統のオーディオ・インターフェイスにより、オーディオ出力やヘッドフォン・ジャックから、『ProKeys Sono』に内蔵されるサウンドや、ソフトシンセ、レコーディング済みトラックなどをモニターすることができます。

また、XLRダイナミック・マイクロフォン入力も装備されているので、マイクを接続すれば、DAWソフトでのボーカルのレコーディングなども可能です。

 

ほぼすべてのDAWソフトに対応

Live Lite

手軽にループベースの音楽制作をするができるAbleton(エイブルトン)のDAWソフト『Liveシリーズ』の Lite版が、61鍵盤と88鍵盤の『ProKeys Sono』にはバンドルされています。

また別売の『Pro Tools』のライト版が付属している『Pro Tools M-Powered』を含め、ほぼすべてのDAWソフトに『ProKeys Sono シリーズ』は対応しています。

ProKeys Sonoの音源

デジタルピアノとして使用

サスティーンペダル

最大同時発音数40のサウンドモジュールと、リバーブ/コーラスのエフェクトを『ProKeys Sono』は本体に搭載しています。USBバス電源駆動ですが、別売の電源アダプタを使用すれば、スタンドアローンで使用することも可能です。

別売の電源アダプタを使用することによりコンピュータに接続しない状態でも、『ProKeys Sono』の電源を投入すれば演奏をすぐに開始することができます。

そのためデジタルピアノとして『ProKeys Sono』の使用しを考えている方は、電源アダプタと、左上写真のサスティーンペダルを別途用意しておくことをおすすめします。

 

キーボード本体収録サウンド

A.I.R

本体に収録されているサウンドはDigidesignのA.I.R (Advanced Instrument Research)によるスタインウェイの「グランド・ピアノ・サウンド」。「ブライト・ピアノ」、「電子ピアノ」、「オルガン」、「クラビネット」の5種類です。

88鍵盤の『ProKeys Sono 88』には、上記の5種類のサウンドに加えて「ストリングス」と「コーラス」のサウンドが収録されています。また『ProKeys Sono シリーズ』には128音色とドラム/パーカッションのGM互換の音源モジュールも本体のオンボードに搭載していますので、マルチトラック作品の制作をすることも可能です。

ProKeys Sonoの詳細スペック

M-Audioの入出力2系統のUSBオーディオ・インターフェイスの機能を備えるUSB接続のMIDIキーボードの61鍵盤の『ProKeys Sono 61』と88鍵盤の『ProKeys Sono 88』は生産完了しています。M-AudioのMIDIキーボードの現行モデルは「M-AUDIOのMIDIキーボード一覧」で確認して下さい。


 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




オーディオI/F搭載MIDIキーボードの比較

▲ページトップ