SONAR 2016年05月

〜CakewalkのDTM・DAWソフト〜

2016年05月のアップデートはSONAR 全グレード「PLATINUM」「PROFESSIONAL」「ARTIST」共通です。

自動的にブラックベースの“Tungsten(タングステン)”テーマが適応されるので、見た目は派手ですが、かなり地味なアップデートです。(前月がインパクトありすぎました。)

メンバーシップ制を用いている以上、クレームの対象となるので仕方のないとは思いますが、正直なところ、この程度のアップデートなら、毎月アップデートにこだわらないでも2ヶ月に1回でも良い気もします。(アップデートも意外と面倒です。)

SONARアップデート2016年05月

グラフィックテーマの変更と追加

Tungsten(タングステン)

グラフィックテーマを変更できる機能が追加になりました。とはいえ、選択することができるのは今回追加された“Tungsten(タングステン)”と、今までのグラフィックテーマ“Mercury(マーキュリー)”のみです。

わたしは音楽制作に関わらず、ブラックベースのテーマは、あまり好きではないので、環境設定で今までのグラフィックテーマ“Mercury(マーキュリー)”に戻して使用しています。

ブラックベースのテーマは、やはり格好良く感じる人が多いのでしょうね。

カラーパレット拡張とトラック名の固定表示

コンソールビュー

今回のSONARアップデートで、トラックやバスの色を選択できるカラーパレットに使用することのできるカラーがこれまで12色から24色に拡張されました。

また、コンソールビューで、縦スクロールを行ってもトラック名の表示は固定されるようになりましたので、SONARでのミキシング時の作業効率はアップというよりは、無駄なイライラがなくなる思います。

個人的にページ数がかなりあるので、マニュアルを詳しく読んだわけではありませんが、コンソールビューが勝手にドッキングされてしまうのがストレスなので、そこも設定できるように改善して欲しいです。(現時点でも改善策はあるのかな?)


 



BTOパソコン音楽制作PC比較

2MIX向上の処方箋



SONARアップデート情報 2016年 TOP

SONAR2016の新機能05月(公開日:2016年06月07日)

▲ページトップ