SONAR 2016年04月

〜CakewalkのDTM・DAWソフト〜

だいぶ前からアナウンスされていたので、期待していた人も多いと思いますが、MS処理も可能なマスタリング用プラグイン「LPEQ」「LPMB」が2016年04月の「SONAR アップデート」で搭載されました。

それだけでも充分に魅力的なのですが、「VST3」でこの二つのプラグインが搭載されました。他にもOverloudのギターアンプシミュレーター「TH3 SONAR Edition」にバージョンアップするなど、04月はまさに超目玉アップデートです。

03月のアップデートをあきらめた「Regsvr32エラーによるインストール失敗問題」を解決して、超目玉SONARアップデートを完了しました。03月のときは未対応だったヘルプモジュール機能も日本語化しています。

SONARアップデート2016年04月

LPEQとLPMB

LPEQ

SONARアップデートの目玉であるリニアフェイズEQ「LPEQ」と、リニアフェイズ・マルチバンドコンプ「LPMB」はマスタリング作業でスタンダードになってきた「MS処理」もEXPERTパネルで設定することができます。

「LPEQ」は最大20バンドの高度なイコライジングが可能、「LPMB」は最大6バンドの個別コンプ処理が可能です。

LPEQ

ProChannelの「Quad Curve EQ」の、かなり便利なFFTアナライザ機能も搭載していますので、視覚的に作業することができるのも大きなポイントです。

ProChannelと「LPEQ」と「LPMB」を組み合わせて処理した後に、サードパーティー製の定番のマスタリング・プラグインをインサートすれば、悩むことなく音圧レベルのあるマスタートラックが完成します。

尚、リニアフェイズEQ「LPEQ」と、リニアフェイズ・マルチバンドコンプ「LPMB」は「PLATINUM」「PROFESSIONAL」に搭載されています。

Overloud TH3

Overloud TH3 SONAR Edition

マスタリング・プラグインに隠れてしまう感じですが「Overloud TH2」がVST3に対応して「TH3 SONAR Edition」にアップグレードされました。

今回のバージョンアップで第4世代のアナログ・エミュレーションが搭載されたため、よりリアルなアンプサウンドをSONAR 全グレードに搭載される「Overloud TH3」で再現することができます。

実は「TH2」のときは音は良い感じだったのですが、インターフェースがあまり使いやすくなかったので、メインの「Amplitube」を変えてまで使う理由が見つかりませんでした。

ということで、わたしのアンプシミュレーターのメインはIKMでしたが、今回のアップグレイドでインターフェースも使いやすくなったので「Overloud TH3 SONAR Edition」を少し使い込んでみようかなと思っています。


 



BTOパソコン音楽制作PC比較

2MIX向上の処方箋



SONARアップデート情報 2016年 TOP

SONAR2016の新機能04月(公開日:2016年05月20日)

▲ページトップ