Tracktion 3

〜MACKIEのDTM・DAWソフト〜

MACKIE(マッキー)のDAWソフト『Tracktion 3』には「Projectバンドル」と「Ultimateバンドル」がありますが、ソフト本体は同じで、2つの製品の違いはバンドルされる付属ソフトの容量などです。

Tracktion 3の特徴

シングル・スクリーンのインターフェース

オーディオとMIDIのトラック制作、レコーディング、ミキシング、マスタリングを行うことができるすべての機能が『Tracktion 3』には搭載しています。

トラック制作に便利なRecycle、Apple Loops、Acidに対応しているループ・ブラウザーを装備し、標準的なものから、即戦力となるソフトシンセ(バーチャル・インストゥルメント)やプラグイン・エフェクトも標準装備しています。

この『Tracktion』の大きな特徴はシンプルなシングル・スクリーンのインターフェースで構成されているところにあります。すべての作業を一つのインターフェース上で行うので、音楽制作の流れをキープしながら音楽を作るという作業に集中することができます。

 

ProjectバンドルとUltimateバンドル

MACKIE『Tracktion 3』には「Projectバンドル」と「Ultimateバンドル」があり、収録されるサンプル数やループ数に大きな違いがあります。

「Projectバンドル」に付属しているソフトシンセやループ集だけだと、後に買い足しが必要になると思いますので、「Ultimateバンドル」へアップグレードすることもできますが、アップグレードの価格などを考えると、あらかじめ数GBのループ・ライブラリーやサンプル数が収録されている「Ultimateバンドル」を購入したほうが、お得だと思います。

 

区切りライン

 

 

付属プラグイン・エフェクターとソフトシンセ

プラグイン・エフェクター

ダイナミクス、モジュレーション、リバーブのプラグイン・エフェクトやIK Multimediaの定番アンプシュミレーター「Amplitube LE」が標準で付属しています。VSTやVSTiプラグインにも対応しているので、『Tracktion』はサードパーティー製のプラグイン・エフェクトも使うことができます。

また『Tracktion 3』にはMackieのミキシングとマスタリングのプラグインセットの「Mixing and Mastering Tools」を付属しています。マスタリングソフトの「Final Mix」はかなり重宝すると思います。

 

付属ソフトシンセとループ集

Tracktion3の「Projectバンドル」と「Ultimateバンドル」には「SampleTank SE」「DrumCore」「Garritan Personal Orchestra」「the RM IV Drum Addiction」などのソフトシンセ(バーチャル・インストゥルメント)が標準でバンドルされています。

Tracktionのセレクトポイントと詳細スペック

セレクトポイント

他の同価格帯のDAWソフトよりも取扱いが簡単で、これだけの機能を搭載し、数多くのプラグインをバンドルしているにも関わらず販売価格がとにかく安いです。個人的には「Mixing and Mastering Tools」だけでも、充分に元を取ることができると思います。

外部MTRから乗り換えの方はもちろんのこと、トラック制作に便利なApple Loops、Acidに対応しているループ・ブラウザーを装備しているので、はじめてDAWソフトの購入を考えている方などに『Tracktion 3』は戸惑うことなく使用することができるDAWソフトだと思いますので、おすすめすることができます。

 

詳細スペック

MACKIE(マッキー)のDAWソフト『Tracktion 3』の「Projectバンドル」と「Ultimateバンドル」の2つの製品の違いや、詳細スペック、価格情報などに興味のある方は右下のリンク先の「Tracktion 3の詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。

区切りライン

 

ギター・サウンド 〜エフェクター & ソフトシンセ〜
ミックスダウンとマスタリング

Tracktion 3の詳細スペックと価格情報