MIXTURE

〜INTERNETのDTM・DAWソフト〜

INTERNET(インターネット社)のループシーケンスソフトの『MIXTURE(ミクスチャー)』は、とてもシンプルな構造の内部完結型のソフトです。『MIXTURE』には、解説本「直感系音楽ソフトMIXTUREの使い方」が付属したソフトも販売されていました。

 

2017年01月13日に「MIXTURE」の後継ソフト『Singer Song Writer Loops』のリリースが開始されました。

以下に記載している内容は参考のために残しておきますが、2010年05月が最終更新日で、それ以来、更新していませんので注意して下さい。

今後、「Singer Song Writer Loopsの特徴」もしくは「コード入力対応のDTM・DAWソフトの比較」で情報を確認して下さい。

MIXTUREの特徴

直感的にオリジナル曲を制作

MIXTURE

ループシーケンスソフト『MIXTURE』の特徴は、音楽の専門知識がなくても、楽器の演奏ができなくても、ループ素材やコード進行の素材を自由に組み合わせるだけで、直感的にオリジナル曲の作曲や、編曲を行うことができるところにあります。

48トラックを装備していて、オーディオ、MIDIのデータの配置、ボーカルやギターなど楽器のレコーディングも行うことができます。

もちろん『MIXTURE』で完成した楽曲は、音楽CDや、オーディオデータにすることもできます。

 

コード自動生成機能

MIXTUREはループ素材や伴奏パターンを試聴して、自分の気に入ったモノを選んで、組み合わせるだけで音楽制作をすることができまるだけでなく、1曲分のコード進行を自動で生成してくれる「コード自動生成機能」があります。

ジャンルや楽曲の構成を指定するだけで、自動でコード進行を作ってくれるので、とても便利です。

また『MIXTURE』は任意でコードを入力することもできますので、自分でにコード進行を決めることも、楽譜に載っているコード進行をそのまま入力することもできます。

内蔵するフレーズ素材とソフトシンセ

MIXTUREは約4,750種類のフレーズ素材を付属しています。またソフトシンセの「Roland VSC」を内蔵しています。「Roland VSC」は902種類の楽器音、26ドラムセットを収録したシンセサイザーで、MIXTUREに配置したMIDIフレーズ、伴奏パターン、任意に入力したフレーズなど、自由に音色を決めることができます。しかし、現時点で『MIXTURE』は内蔵する「Roland VSC」以外のシンセサイザーは使用することができません。

 

Singer Song Writerシリーズで読み込み可能

MIXTUREで作成したファイルは「Singer Song Writer 8.0 VS」「Singer Song Writer 8.0」の『Singer Song Writerシリーズ』で読み込むことができます。ライト版の「Singer Song Writer Lite 5.0」でも2トラックのオーディオトラックは読み込むことができます。


 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




DTM・DAWソフト比較ナビ TOP

MIXTURE | DTM・DAWソフト比較ナビ(更新日:2017年01月15日)

▲ページトップ