Cubaseシリーズ

〜SteinbergのDTM・DAWソフト〜

Cubase Elementsの特徴

Cubase エントリーグレード

Cubase8画像01

人気DAWソフト『Cubaseシリーズ』のエントリーグレード『Cubase Elements』はハードウェアに付属するバンドル版の「Cubase Ai」「Cubase LE」の上の機能を持っています。

2015年05月にリリースされた『Cubase Elements 8』が最新バージョンで、2011年にリリースされた『Cubase Essential 5』の後継ソフト『Cubase Elements 6』より「Essential」から「Elements」にネーミングが変更となりました。

64MIDIトラック、48オーディオトラック、24インストゥルメントトラックなど、扱えるトラック数が上位版に比べると少ないですが、エントリー版としては充分なDAW機能を備えています。

また、エントリーグレードとは言っても『Cubase Elements 8』は、32bit/192kHzに対応しています。

Cubase Elementsの魅力

SONARなどの他のDAWにもエントリー版がありますが、Cubaseの魅力は「コードトラック」を搭載していることや、複数のパッドにコードを割り当てて、MIDIトラックやコードトラックの入力に使用できる「コードパッド」を使うことができることです。

ただ個人的に残念なのは「リストエディター(イベントリスト)」が搭載されていないところです。「リストエディター」を使いたい場合は「Cubase Artist」以上のグレードを使う必要があります。

搭載ソフトシンセとプラグイン・エフェクター

Cubase8画像01

搭載するソフトシンセはヤマハとSteinbergの共同開発によって生まれたマルチ音源「HALion Sonic SE」、バーチャル・アナログシンセサイザー「Prologue」、ドラム音源「Groove Agent SE」の3種類のVSTインストゥルメントです。

プラグイン・エフェクターはボーカルのピッチ補正できる「Pitch Correct」や、ギター用「VST Amp Rack」をはじめとする40種以上のオーディオ・エフェクトを『Cubase Elements 8』は搭載しています。

比較する自体が間違っていますが上位版に比べてしまうと『Cubase Elements』に搭載しているソフトシンセとプラグイン・エフェクターは見劣りがします。

しかし価格から考えると『Cubase Elements 8』はコストパフォーマンスは非常に高いです。また「VOCALOID Editor for Cubase」も使用することができます。

そのため、とりあえずDAWを始めたい人などには、オススメすることのできる音楽制作ソフトです。


 



Cubaseシリーズのラインナップ

Cubase Elements | DTM・DAWソフト比較ナビ(更新日:2015年05月20日)