ACID Pro

〜Sony Creative SoftwareのACIDシリーズ〜

ACIDの最上位版

統合型のDAWソフト

ACIDのミキシングコンソール

最上位版の『ACID Pro』はバージョン6からループシンケンサーから統合型のDAWソフトとして生まれ変わりました。

マルチトラック・レコーディング、インラインMIDI編集&ドラムエディタ、外部コントローラによるオートメーション、複数のオーディオ素材を同一トラック内に置くマルチクリップ機能も実現されています。

2009年に登場したバージョン7では柔軟性の高いミキシングコンソール(左画像)も装備されました。

3,000以上のACIDループ素材

ReWireサポートもされている『ACID Pro』ですが、統合型のDAWソフトなので、他のMIDIシーケンサーや、レコーディング用のDAWソフトが無くてもトラック制作からミックスダウンまで基本的な音楽制作をすることができます。

また『ACID PRO』には3,000以上のACIDループ素材、1,000以上のMIDIデータ、90音色以上のDLS音源が初めから付属しています。

ACID Pro バージョン7

ACID Pro 7

約2年ぶりの2009年に登場した『ACID Pro 7』は「ミキシングコンソール搭載」「タイムストレッチ/ピッチシフトの音質向上」「Windows Vistaに正式対応」などのバージョンアップがされています。バージョン 7でミキシングコンソールが装備されたことにより、楽曲制作を効率良く行うことができるようになりましたが、このミキシングコンソールのデザインはかなりダサク、もう少し何とかならなかったものかと個人的には思います。また、2009年時の価格では…


ACID Proのセレクトポイントと詳細スペック

価格破壊とセレクトポイント

2016年に確認しましたがDAWソフト『ACID Pro』はソースネクストが販売元になってから、価格破壊を通り越えて、キャンペーン中は1万円を切る低価格で販売されるようになりました。

かなり長い期間アップグレードされていないので、メインソフトとして考えることは難しいですが、ソフトに付属するACIDループ素材とMIDIデータだけでも、1万円以下なら充分に元を取れるのではないかと思います。

詳細スペック&価格情報

そんな激安になった『ACID Pro』の詳細スペック、新バージョンの情報、価格情報などに興味のある人は、以下のリンク先の「ACID Proの詳細スペックと価格情報」で詳細を確認して下さい。


 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Wavesガイド

DAWマスタリング必須テクニック10選




ACIDシリーズ TOP

ACID Proの特徴(更新日:2016年12月07日)

▲ページトップ