Cubase8の使い方

〜DTM・DAWのガイドブック〜

Cubase Pro 8/Artist 8 コードトラック攻略BOOK

Cubase8のコードトラック攻略

Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 コードトラック攻略BOOK

電子書籍でのみの販売となっている『Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 コードトラック攻略BOOK』はCubase Pro 8/Artist 8/Element 8に搭載される「コードトラック機能」に焦点を絞ったチュートリアルBOOKです。

2013年にリリースされたCubase バージョン7より搭載された便利で楽曲制作の効率アップの手助けとなる「コードトラック機能」ですが、2014年12月に登場した『Cubase 8』で、より魅力的になりました。

しかし、この「Cubase コードトラック機能」の使い方が今一つわからないという人もいると思います。そんな方に『Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 コードトラック攻略BOOK』は最適です。

内容:Cubase Pro 8/Artist 8 コードトラック攻略BOOK

この『Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 コードトラック攻略BOOK』の内容は以下となります。

Chapter 1:Cubase 8に付属するMIDI素材とコードパッドのプリセットのみで楽曲制作を実践。

Chapter 2:キーエディタで打ち込んだオリジナルのMIDI素材に対して、コードパッドのプリセットからコード付け。

Chapter 3:シングルボイス機能を使って4声のストリングスパートを作成。

Chapter 4:オーディオ素材をコードトラックに追従させて、ボーカル素材のハーモニー。

Chapter 5:自分でコードパッドのプリセットを作成。五度圏。近接コード表示の使い方の紹介。

Chapter 6:コードパッドを使わずコードトラックに直接入力する方法を説明。Chord Assistant のリスト機能の使い方も説明。

Chapter 7:コードトラックのボイシングとスケールについて説明。

Chapter 8:コードトラックへの追従処理の設定による、処理のされかたの違いを説明。最後にキースイッチ付きのMIDIデータへの対応方法も伝授。

 

このページで紹介している『Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 コードトラック攻略BOOK』の、さらに詳しい情報や価格情報は以下でチェックして下さい。


 
 


BTOパソコン音楽制作PC比較

Acid Pro 8 バージョンアップ

DAWマスタリング必須テクニック10選




Cubaseのガイド・アイテム

Cubase Pro 8/Artist 8 コードトラック攻略BOOK(公開日:2015年05月17日)

▲ページトップ