宅録って何?

〜初心者のための自宅スタジオ・ガイド1〜

宅録とは自宅録音の略称

自宅の音楽スタジオ

宅録イメージ

宅録とは自宅録音の略称で、自宅などのプライベートなスタジオでレコーディングすることです。

もちろん広い部屋でも、4〜6畳程度の部屋でも、広さに関係なく立派な自宅録音スタジオです。

一昔前の宅録スタジオだと、数台のシンセサイザーや、その他の機材で部屋のかなりのスペースが音楽機材で占有されていました。

しかし、現在の宅録スタジオは、アナログ機材であったりハードウェア機器への強いこだわりがない限りは、パソコンとDTM・DAWソフトを使用したレコーディングが中心になっているため、省スペースで宅録スタジオを作ることができます。

 

低予算で高音質の宅録システム

DTM・DAWソフトが普及する前の自宅スタジオで行う宅録というのは、あくまでもプリプロレベルの作品でした。

自宅で制作したプリプロを基にレコーディングスタジオで、レコーディングを行うというスタイルが多かったです。

しかし時代は大きく変わり、最近では手軽に、昔では考えることができないくらいの低予算で、パソコンとDTM・DAWソフトを中心としたしっかりとした、高音質の宅録システムを組むことができます。

次のページでも書いていますが、ネット環境も整い自分の楽曲をオンラインで配信する時代になり、宅録スタジオで完パケまで制作するケースも増えています。

当時はこのような時代が来るとは思いませんでしたが、現在はプロ、アマ問わずに、ミュージシャン各個人でプライベートで自宅スタジオを構えるのが当たり前となってきています。

 
 

現在はこのように低予算で高音質の宅録システムを作ることが可能になりましたが、次のページでは、宅録スタジオで、実際にどのようなことができるのかを紹介しています。


 

BTOパソコン音楽制作PC比較

2MIX向上の処方箋



初心者のための宅録スタジオ・ガイド TOP

宅録って何? | 自宅スタジオ・ガイド1(更新日:2016年08月23日)
▲ページトップ